豊富な7言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット

多言語翻訳ラボ

2021年7月14日

機械翻訳の市場規模が世界で拡大中!翻訳者不足を補う機械翻訳に迫る!


2020年初頭から、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルスは、人と人との接触や、国境を跨ぐ移動に、制限をかけることになりました。

コロナ禍になり、政府からは「新しい生活様式」が提唱され、場所や時間にとらわれない「テレワーク」の導入が加速しています。

海外との会議は、Webで行われるようになり、翻訳は人力翻訳から、会話と同時にテキスト翻訳される、機械翻訳が注目されるようになりました。

今まで時間を費やしていた翻訳業務は、機械翻訳をすることで、業務の効率が上がるため、機械翻訳の市場規模は世界で拡大しています。

ここからは、翻訳者を必要としない機械翻訳の市場規模に迫ります。

機械翻訳が日本の市場にもたらす効果

平成28年から、出生数は減少の一途を辿っており、日本の少子化は進むばかりです。また、中小企業のみならず、大企業でも人手不足に悩んでおり、少子高齢化は社会問題になっています。

画像出典:令和2年(2020)人口動態統計月報年計(概数)の概況/厚生労働省

ここからは、社会問題になっている「少子化」に対して、機械翻訳が日本の翻訳市場にもたらす効果を、ポイントごとに解説していきます。

・翻訳者の人手不足を解消

人間に変わって翻訳をしてくれる機械翻訳は、訪日外国人の増加や、少子化により悩まされている「人手不足解消に役立ちます。

特に、専門性の高い医薬や金融・化学などは、翻訳業界の中でも、慢性的な人手不足のため機械翻訳が役立っています。

・働き方改革

専門性の高い業種は、業界に適した翻訳会社が見つからないことから、翻訳のできる社員が、本業とは別に翻訳業務を行なっていることもあります。

そうすることにより、有能な社員ほど、業務量の負荷が残業へ繋がり、仕事が非効率になってしまいます。

政府が掲げる「働き方改革」の目的を達成するためにも、効率的に仕事を進める上で、機械翻訳は欠かせません。

・中小企業もグローバル化

リソースが限られてしまう中小企業は、大企業と比較するとマーケティング力が弱く、グローバル化できないことに長年悩まされています。

しかしながら、近年では、結びつきのある大企業とともに、グローバル市場でビジネス展開を試みる企業も少なくありません。

グローバル市場で欠かせない機械翻訳は、円滑なコミュニケーションのみならず、ビジネスチャンスを逃さないためのツールとして欠かせない存在です。

機械翻訳の解説についてはWeb会議で活躍する翻訳ツールの選び方とおすすめをご紹介!

ビジネス面で拡大を広げる機械翻訳の市場規模

機械翻訳の精度は日々上がっており、今では人力翻訳と変わらないレベルになってきています。

グローバル化する中小企業も増え、海外に拠点を置いている企業や、多国籍のスタッフが在籍している企業での会議で活躍しています。

コロナウイルスの感染拡大により、海外のみならず、国内でも移動が制限される時代になりました。

複数人が集まり「密」な状況を作りやすい会議は、リモートが主流となり、市場規模は今後益々広がっていくと予想されています。

ビジネス市場で機械翻訳がメリットになるポイント

ここからは、ビジネス市場で機械翻訳が、どのようなメリットを生み出し、どのように活用されているのかを、解説していきます。

・コストが低い

機械が翻訳を行うことで、人件費を抑えることができ、コストを削減することが可能になります。

また、人力翻訳よりも機械翻訳の方が処理速度が早いこと、会話がリアルタイムで、テキスト化できることにより、人材を有効活用することができます。

・多言語の対応

標準搭載されている言語については、使用する言語の種類によって、価格が変動するのではなく、料金が一律である場合が多いです。

機械翻訳は、多言語への対応ができるので、翻訳者の少ない言語や、難しい言語に対しても、不安のないコミュニケーションを実現させます。

・翻訳に対する時間が早い

人力翻訳よりも、機械翻訳は翻訳のスピードが速いため、タイムラグのない、流れるような会話が可能になります。

特に、時差のある海外との会議には、機械翻訳を導入することにより、ビジネスの場で鍵となる「円滑なコミュニケーション」を実現します。

翻訳のスピードが、ビジネス成功の決定打にもなり得るため、ビジネスチャンスを逃さないツールとして注目されています。

ビジネス市場で機械翻訳がデメリットになりやすいポイント

ここからは、ビジネス市場で、機械翻訳がデメリットになりやすいポイントについて、具体例を元に解説していきます。

・ひらがなでの翻訳は誤訳を招くことがある

「きる」という言葉には「着る」「切る」「斬る」など、漢字にすると意味の異なる言葉が、日本語には存在します。機械翻訳は、話の流れで意味を汲み取った翻訳が難しいため、ひらがな翻訳は誤解を招くことがあります。

誤訳しやすい「ひらがな翻訳」や、漢字を間違えてしまった場合は、正しい翻訳にならない可能性が高いため、字義で翻訳してしまう機械翻訳の特徴を理解することが大切です。

・文化の差を理解できない

機械翻訳は、機械的な翻訳であるため、慣用表現など難しい表現を避け、一文をできるだけ短くシンプルにまとめる工夫が必要です。

また、方言を翻訳する場合には、方言を標準語に変えて翻訳する必要があります。

・主語を省略すると相手に伝わる翻訳にならない

日本は、謙遜の文化があるため、自己を表現する主語を省略することが多いです

しかしながら、機械的に翻訳される機械翻訳は、主語や目的語を頼りに翻訳をしているため、くどく聞こえてしまいますが、主語や目的語を省略しないようにする必要があります。

アフターコロナに活躍が見込まれる機械翻訳のインバウンド市場

Withコロナ時代となり、思うように外出ができなかったり、海外への旅行も制限されているため、渡航する機会も激減してしまいました。

しかしながら、政府が観光需要喚起策として打ち出した「Go To トラベルキャンペーン」では、キャンペーンが停止する、2020年12月28日迄の期間で、利用人泊数は、約8781万人泊使用されたと言われています。

参考:GoToトラベルの利用者数、開始から全国一時停止まで累計8781万人泊、支援額は5399億円に

キャンペーンの利用実績から感じるのは、人々は旅行に対して意欲がなくなったわけではないということです。

アフターコロナの世界旅行に対する回復見込みは2024年頃だと予想されています。

参考:世界の旅行の回復予測、アジア域内の国際旅行がコロナ前を超えるのは2022年、観光の「不都合な真実」を直視する傾向も

そこで、世界旅行が回復した際、言葉の不安を取り除いてくれる救世主が「MyPhone訳」機能です。

宿泊施設などのインバウンド需要を拡大するためには、お客様となる外国人の方と円滑なコミュニケーションを可能にする機能が鍵となります。

何を求めているのかを知れることで、満足度は上がり、ビジネスチャンスに発展します。

伝えたい想いと、受け取りたい想いを繋ぐ「MyPhone訳」は、QRコードやポップの用意だけで、すぐに利用を開始できるため、導入もスムーズに行うことができます。

画像出典:MyPhone訳/ObotAI

機械翻訳が救済者となるインバウンド市場【翻訳ランキング】

日本政府観光局の訪日外客数の動向から、インバウンド市場での翻訳ランキングを解説しながら、ご紹介していきます。

参考:月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)

1.中国語

中国人観光客に人気のテーマパークなど、娯楽施設や食事・買い物などを目的とした、訪日旅行が中心になっています。

特に、日本製品は品質の良さから、買い物を目的に訪日していなくても、日本に来た際には、買い物袋を抱えて帰る訪日中国人観光客が多いことが特徴です。

2.韓国語

美容大国とも言われている韓国から日本に訪れる、韓国人観光客に人気なのは、温泉や日本食です。

温泉地へ訪れる理由は、温泉だけではなく、日本文化を感じる懐石料理を楽しむことができるため、贅沢な旅を求めている訪日韓国人観光客が多いのが特徴です。

3.タイ語

観光ビザの免除措置が再開し、日本からのビザなし渡航が可能なタイでは、日本のお菓子が人気です。

訪日タイ人観光客にもお菓子は人気で、百貨店などのデパートのみならず、コンビニなどで売られているお菓子も注目されています。SNSなどで情報を得て、日本での買い物を楽しんでいます。

まとめ

機械翻訳の特徴は、人手不足が加速している日本がグローバル展開をしていくにあたり、必要なツールであることがわかりました。

機械翻訳の無料デモも行っているため、導入をご検討の際には、無料デモを試してから本格導入することをお勧めします。

資料請求はこちらから

ObotAI
ObotAIObotAI Minutes
ObotAI ObotAI ObotAI Minutes