お役立ちラボ

お役立ちラボ

2024年4月20日

【最新13選】日本語からベトナム語への翻訳は難しい?おすすめのチャットツールをご紹介!

厚生労働省は、2023年10月末に「外国人雇用状況」を発表し、外国人労働者が過去最高の200万人を突破しました。ベトナム人の割合は、全体の25.3%と最も多く、翻訳需要が高まっています。ここでは、ベトナム語に特化した「翻訳チャット」や「音声自動翻訳機」のおすすめツールをご紹介します。

2024年4月15日

【11選】インドネシア語を日本語に翻訳!インドネシア人の採用時に役立つおすすめツールもご紹介

インドネシア語は、比較的簡単とも言われていますが、マイナー言語であるため、通訳者が日本にあまり存在せず、翻訳ツールを活用したコミュニケーションが主流になっています。ここでは、観光地やホテル・外国人労働者を雇用する際におすすめの「翻訳チャット」や「音声自動翻訳機」について、詳しくご紹介していきます。

2024年4月12日

【最新10選】企業がChatGPTを業務に導入・利用!おすすめツールや注意点を紹介

企業が、ChatGPTを導入・利用すると、精度の高い回答を自動生成できるため、顧客サポートへのコストを削減できます。しかし、企業がChatGPTを活用する際には、注意点を理解しないと、混乱を招く恐れがあります。ここでは、企業が、ChatGPTを導入・利用する際に必要な知識や、活用に向けてのおすすめツールをご紹介します。

2024年4月11日

【比較事例10選】チャットコマースとは?導入企業やLINEなどのビジネスツールをご紹介!

ECサイト(オンラインショップ)は、お客様の目や表情を見ることができないため、接客方法に悩んでいる企業も少なくありません。各企業では、ECサイトでの購買体験を促進すべく、1対1の接客が可能な「チャット(会話型)コマース」の導入を進めています。ここでは、ツールを導入している企業や、おすすめの使い方をご紹介していきます。

2024年3月26日

【25選】AIチャットボットとは?おすすめサイトやChatGPTとの連携効果・事例を解説!

AIチャットボットは、OpenAI社が開発した「ChatGPT」との連携によって、今まで以上に自然な会話を実現し、企業固有の情報を学習させることによって、精度の高い回答を可能にしています。ここでは、おすすめのAIチャットボットや導入事例、サイトでの活用方法について、詳しくご紹介していきます。

2024年3月20日

日本語を学ぶ外国人への教え方は?実習生と留学生の違いについてもご紹介!

日本語学校の在籍者数は、長期間行われていた水際対策によって激減し、教育現場における影響は根深いものでした。しかし、2024年には、学生数も少しづつ戻ってきたため、教育関係者は現場の再構築を模索しています。ここでは、日本語学校に通う外国人学生への「日本語の教え方」や、教育現場のお悩み解決法について、ご紹介していきます。

資料ダウンロード