豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット

多言語翻訳ラボ

2021年6月25日

中国語のWebページを翻訳する上で抑えたい3つのポイント! オススメのITツールも解説


話者が多い中国語は、翻訳ツールの種類が他の言語よりも豊富に存在します。特にビジネス面では、商談を左右する重要なツールとも言われています。

日本は世界有数の貿易大国であり、2020年の輸出入ランキングでは、輸出入共に世界5位です。

また、JFTCによると、2020年の輸入相手国ランキングでは、1位「中国」となっており、輸出相手国ランキングでも、1位のアメリカに対して僅差で2位です。

貿易大国の日本にとって、国際交流は必要不可欠であり、今後益々翻訳を活用する機会が増えてくると言われています。ここからは、中国語の特性を踏まえ、中国語のWebページを翻訳する際のポイントをご紹介していきます。

中国語のWeb翻訳に対する精度が注目される理由

国際交流はビジネス面のみならず、医療・旅行・ネットショッピングなど、他国との様々な交わりを指します。ここからは、中国との交わりの中で、なぜ翻訳の精度が注目されるのか解説していきます。

国際交流の活発化

SNS時代となった昨今、他国で話題の商品を自分で調べ、自分で購入することも多くなりました。しかしながら、翻訳の精度が低いと、分からないことから不安感に駆られやすく、同時に「距離」を感じてしまいがちです。

翻訳の精度が上がることで、海外の商品を買いやすいと感じたり、感覚的な部分で海外を身近に感じられるようになります。言語に対する「壁」や、海外との距離感は、翻訳の精度によるものだと言っても過言ではありません。

地域によって異なる方言

北京語を標準語に、全く異なる意味や文法で話す「方言」が存在します。方言は数多く存在し「北京語」「広東語」「上海語」は特に話者が多いです。

中国人同士でも、異なる方言に対する「言葉の壁」は高いと言われており、中国人同士ですら意思疎通が難しいこともあります。

省略から生じる誤訳

日本人は、円滑なコミュニケーションを図るために、相手に「気遣い過ぎる」と言われがちです。そして、自己主張が激しく聞こえてしまう一人称をあまり好みません。

人称代名詞を省略することが多く、特に一人称が主語の場合は、謙遜の意味も込めて省略されます。

しかしながら、中国人は人称代名詞を使ってはっきりと伝えます。そのため、文化の違いを鑑みない翻訳は、誤訳をしてしまう可能性があります。

中国語をWeb翻訳する上で知っておくべき特徴

日本語と中国語は、言語に漢字を使用しているため、一見似ている言語のように感じてしまいがちです。中国語の特徴を知らず、日本語と同じような感覚で翻訳してしまうと、異なる翻訳になってしまいます。

ここからは、中国語から日本語へ、日本語から中国語へ翻訳する上で知っておくべき特徴をご紹介していきます。

意味が変わる4つの「声調」

四声(4つの声調)を正しく発音しないと、異なる意味になってしまうのが中国語の特徴であり、難しいところでもあります。

中国語の発音は「ピンイン」と呼ばれる、アルファベットを用いた記号ですが、単にカタカナ表記で読んでも、日本語では書き表せない発音もあり難しいです。

日本語と同じ漢字でも異なる意味

漢字の起源は中国ですが、日本と中国の異なる歴史の中で、独自の変化をしてきました。そのため、双方の国で使っている意味で漢字を理解してしまうと、全く異なる意味に変換されてしまいます。

中国と日本は近しい関係であり、同じ漢字を使っているからこそ、双方の国では、漢字の意味が異なることを頭に入れておかなければなりません。

簡体字と繁体字の2種類

中国語は国や地域により異なる「簡体字」と「繁体字」の2種類が存在します。

「簡体字」は、画数が少なく書きやすいのが特徴ですが、一方「繁体字」は、画数が多いため、書くのも読むのも難しいと言われています。また、用語が異なる場合もあるため注意が必要です。

中国語のwebページ翻訳の利便性

翻訳ツールにURLを添付するだけで、Webページ全体を翻訳することが可能になります。単語を一つひとつ検索する手間が省けるため、効率良く閲覧することができます。

また、ビジネス面のみならず、海外サイトで商品を購入する際や、SNSを閲覧する際など個人的にも利用シーンは幅広いです。

中国語のおすすめWeb翻訳ツール

「世界の言語ランキング」で1位となっている中国語。話者が多いため、数多く存在する中国語の翻訳ツールは、どのツールを使ったら良いか迷ってしまうこともあるかと思います。

使いやすさや精度など、多面的な観点からおすすめの翻訳ツールを紹介していきます。

スマート書記

画像出典:スマート書記

ISMSを取得しており、セキュリティ対策が万全であることを強みにしています。セキュリティ対策が必須な企業向けの「セキュリティ」プランが好まれており、監督ログやアクセスログが必要な場合も、別途見積もりが可能になっています。

Zinrai文書翻訳

中国語は簡体字のみではありますが、ユーザー数に制限を設けていないため、オンライン会議を大人数で行う企業向けです。月単位で契約することも可能なので、スポット契約ができる利便性もあります。

ObotAI Minuites

音声認識の感度がよく、しっかり聞き取ってくれるのが特徴的です。デモ操作の段階で、機能の使い方が理解できるほど操作が簡単で、初心者の方でも抵抗なく使いこなせることができます。

世界水準のデータセキュリティ上で動作し、データは暗号化されています。

画像出典:ObotAI Minutes

まとめ

本記事では、中国語のWeb翻訳を使う上で知っておきたい特性について解説してきました。中国と日本は、輸出入などビジネス面での交流が深く、翻訳のスピードや精度が他の言語よりも問われてきます。

中国語のWeb翻訳でお困りの際は、ぜひ参考にしてみてください。
ObotAI Minutes

ObotAI
ObotAIObotAI Minutes
ObotAI ObotAI ObotAI Minutes