豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
多言語翻訳ラボ
2021年11月22日

VRで工場はどう変わる?メリット・デメリットをご紹介


VRのビジネス活用が進んでいる昨今、製造分野である工場での活用が目立ってきています。

企業の工場視察・工場現場内での作業教育など様々なシーンでの使い方ができ、コミュニケーションの円滑化とコスト削減といったメリットを生んでいます。

また、VRの活用により、工場の可視化が進み、製造プロセスにも大きな変化が起きています。これにより、日本のモノ作りの更なる前進が期待されています。

ここからは、VRで工場はどう変わるのか、メリット・デメリットをご紹介します。

VRが工場で活用され始めた背景

製造分野にとって、工場は心臓部であり、とても重要な役割を果たしています。

それ故に、作業内容は厳密で危険を伴うものも多く、作業者は常に保守・点検・トレーニングが必要となります。

工場の規模にもよりますが、作業者の数も膨大となり、工場を稼働しながらの研修指導は思っている以上に負荷がかかっているのが現状でした。

しかし、VRを導入する事により、実際の作業環境を忠実に再現することができ、その中で手順を体感しながら覚えることができるので、「習うより慣れろ」が可能となりました。

特に、作業工程が複雑なものには有効的で、分からないを徹底的に無くし、「失敗から学べ」の場を提供することにより訓練の質を上げることができます。

また、人材の多様化の進みもあり、外国人労働者の多い現場も増えています。

そういった場合、VR映像内で多言語対応することで、正しいレクチャーができ認識の違いを未然に防ぐことができます。

人材不足の解消・生産性の向上など工場が直面している課題に対し、微力ながらも解決策となっており、工場でのVR活用の有望視は今後も続くと思われます。

VRを工場で活用するメリット

ここからは、VRを工場で活用するメリットについて3つご紹介します。

実作業の教育

機械や設備に係わる保守・点検・修理の場合、イレギュラーな場面も多くあると思います。

今までの教育は、口頭での説明や紙ベースの資料を使って行うものが多く、そういったものだけでは深く理解ができていなかったなんて事もあります。

VRを活用することで、想定されるトラブルをリアルに再現ができます。

事前にどのように解決していくのかを実践に近い状況で学ぶことができるので、本番環境でも冷静にスムーズな対応ができます。

失敗しても実際の現場には影響がないという点もメリットです。

実践的なトレーニング

組み立て工程のような作業の場合、VRにて熟練者の作業手法を収めて研修に使うことにができます。

複雑な組み立て工程の習得や技術の継承は、何度も行い体感的に学べるのが一番効果的で、それに近い事がVRでは可能となります。

また、レベルに合わせた動画を用意することにより、個人レベルにあった訓練ができ、無駄のないトレーニングを行うことができます。

具体的な設計

工場では、老朽化した機械や設備の交換や後から追加されるものなども多く、図面と睨めっこをしながら入れ替え作業をおこなっている事も多いのではないでしょうか。

そういった場合、いざ搬入をしてみると図面上と違い、スムーズにいかなく時間がかかってしまったという問題が多くあります。

しかし、VRを使って、事前に工場の3Dデータを作成しておくことで、搬入するものを仮想的に配置し、向きの選定や導線・安全性の検証ができるので、スピーディーな計画の作成が期待できます。

VRを工場で活用するデメリット

再現性や没入感の高いVR映像を作る為には、分かりやすいナレーションや解説は必要不可欠で、そういった編集作業に多少の時間がかかることがデメリットと言えます。

初期投資はかかりますが、人件費や時間の大幅な改善に繋がり、工場が抱える課題の新たな解決手段となり得るので、多少のデメリットは覚悟のうえで、VRの活用を検討する価値はあるかと思います。

工場で活用されているVRサービス3選

ここからは、工場で活用されているVRサービスを3つご紹介いたします。

mcframe MOTION VR-learning


画像出典:mcframe MOTION VR-learning

mcframe MOTION VR-learningは、「人手不足をVR教育で乗り越えよう」をモットーに作業教育のためのVR教材が作れるシステムを提供しています。

システム購入後、自身で制作をするので、費用も抑えられます。制作にあたっての特別なスキルは一切不要なので簡単に始められるのもメリットです。製造業・インフラ業・教育機関・物流業・建設業など30社以上での導入実績があります。
mcframe MOTION VR-learning

NEWJI VR


画像出典:NEWJI VR

NEWJI VRは、技術やノウハウの教育をサポートするだけでなく、リアルタイムでのオンラインVR工場視察ができるサービスです。

離れた場所からでも、品質監査・工程確認・出荷前検査が可能で、工場が国内外に多くある企業にとって、視察にかかる費用と時間の短縮ができる画期的なサービスとなっています。
NEWJI VR

ObotAI VR


画像出典:ObotAI VR

最先端の360度パノラマ画像で、現実空間と変わりのない環境での研修ができるので、実作業とのギャップを感じることなく教育を行えます。

また、AIチャットボット機能搭載なので、質問をすれば直ぐに回答を得る事ができ、マンツーマン指導により、理解が深まりやすくなるのが特徴です。

豊富な多言語(日本語/英語/中国語(繁体・簡体)/韓国語/タイ語/ロシア語/ベトナム語)での対応ができるので、多様な人材へのサポートも万全です。

映像の視聴には、お手持ちのパソコンやスマートフォンのみでできるので、場所を選ばず、個人のスケジュールに合わせて使用ができます。
ObotAI VR

まとめ

VRは、工場内での従業員研修・教育の効率化、コミュニケーションの円滑化など、現場支援に有効的です。

座学だけでは得ることのできない、実践的なトレーニングで、スキルをどこでも養えることができるのが大きな強みです。

弊社でも、日本のモノ作りの現場を盛り上げようと、工場での課題となっている「人手不足」からなる様々な問題をサポートできるよう「ObotAI VR」を開発しました。

【「ObotAI VR」のサンプル動画 】

日本人の人手不足で外国人労働者を採用しているが、言語の違いで研修が上手くいかない。
熟練者の技術を工場内で標準化したい。
など、お悩みを抱えている場合は是非ご相談ください。

「ObotAI VR」で工場内での課題を可視化し、一緒に早期解決のお手伝いをいたします。

ObotAI VR
ObotAI