豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
お役立ちラボ
2022年2月16日

Shopifyの集客方法はいくつある?メリットとデメリットについても解説!


Shopifyは、誰もが簡単に個別のオンラインショップを開設して、商品を販売することができるECプラットフォームです。

大型ECモールとは異なり、独立してECサイトの構築・運用が可能なため、2006年にカナダで誕生してから、175カ国で利用されており、2017年に日本へ参入しました。

多言語対応や海外への発送・決済機能が優れており、海外への渡航が難しいコロナ禍において、急成長を遂げています。ここからは、外出自粛をしている人々が求めるオンラインショップを開設する際の「集客方法」について、解説していきます。


Shopifyでの集客方法が重要視される理由

昨今、グローバルにビジネスを展開できるインフラが整ったことで、物理的な距離が離れていても、情報の発信ができるようになりました。

顧客を呼び込むことができる「SNS」と「EC」が連携できることによって、集客への導線を一本化することができます。そのため、顧客側は離脱せずに購入することができるので、店舗側は機会損失を防ぎ、顧客を逃さない導線作りを構築できます。

ここからは、Shopifyで「集客方法が重要視される理由」について、詳しくご紹介していきます。

細かなデータ分析が可能

画像出典:Shopifyストア分析
ビジネスを成功させるためには、マーケティングの細かな分析が大切であり、目標達成への指標を数値化する必要があります。

Shopifyのストア分析には、訪問者情報を閲覧できる「ダッシュボード」のみならず、流入を辿ることができる「製品分析」や「行動レポート」が見れるので、より綿密な戦略を立てることが可能になります。

ストア分析は、Shopifyの利用プランによって閲覧の有無が異なるため、必要に応じてプランをアップグレードする必要があります。

また、Shopifyの特徴としては、アップグレード前(プラン加入前)の分析データも遡って閲覧できるため、即日から戦略を立てることができます。

コロナ禍による外出自粛

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、人々は「接触」や「外出」を控えるようになり、実店舗に赴く機会が少なくなりました。

コロナ禍になり、社会全体のDX化が加速したことで、商品の購入はネットショッピングが主流になり、ECサイトの構築とSNS運用は必要不可欠です。

DXが急速に社会へ浸透したことで、顧客の争奪戦はグローバル化され、商品の選択肢が増えると共に、海外発送も重要視されています。

国境を越えたプラットフォームは、海外にもアプローチすることができるので、ECプラットフォームの選択が重要になります。

Shopifyの集客方法におけるメリット

Shopifyは、拡張性が高いことから、様々なアプリに連携することができるため、サードパーティが豊富で、集客力に長けています。

ここからは、低コストで運用ができるShopifyの「集客方法におけるメリット」について、ご紹介していきます。

連携可能なサービスが多い

Shopifyは、カナダ発のECプラットフォームであることから、海外でメジャーになっているSNSなどに連携することが可能です。

サードパーティが豊富でありながらも、連携の設定が簡単なので、既にある程度の顧客(ファン)を抱えている場合、ECの入口にしっかりと導くことができます。

低コストで料金プランが豊富

Shopifyの特徴は、他のECプラットフォームに比べて、料金プランが5つあるので、予算や売り上げに応じて、簡単にプラン変更することができます。

また、14日間のお試し期間を設けていたり、決済・販売手数料も安く、決済方法が豊富な点が他のサービスと異なります。

業務の効率化が可能

グローバルトップシェアを誇る企業だけあって、在庫管理や配送・分析などのバックオフィス業務を、管理画面から一括で行うことが可能です。

使いやすい作りにより、リアルタイムで商品の動向を確認することができるので、配送状況などもチェックしやすいのが特徴です。

Shopifyの集客方法におけるデメリット

Shopifyは、低コストで構築や運用ができるため、他のECプラットフォームに比べて、導入のハードルは下がりますが、デメリットも存在します。

ここからは、ユーザーが多いShopifyの「集客方法におけるデメリット」について、ご紹介していきます。

Shopifyのみでは集客が難しい

Shopifyは、コストを抑えながらECサイトを構築できますが、Amazonや楽天市場・Yahoo!ショッピングなどのモール型ECに比べて、サイトの構築だけでは集客を見込めません。

そのため、集客の入り口となる「SNS」や「自社サイト」の運用が重要になります。一方、SEOや各種SNSとの相性が良いため、サードパーティを活用した集客方法が向いています。

英語での情報も多い

Shopifyには、ホームページ上に日本語のヘルプページが存在しますが、専門的な情報などに関しては、英語で書かれていることが多くあります。

そのため、翻訳機能でも正しく翻訳されないこともあるので、機能を吟味して活用したり、英語の知識があると便利です。

コード編集が難しい

Shopifyでは、初心者に向けた簡単なカスタマイズから、上級者に向けた本格的なカスタマイズを行うことができます。

しかし、本格的なカスタマイズには、コーディングなどの専門知識や、各種設定が必要になってくるので、外部に制作を依頼する企業も多いです。

Shopifyの集客方法

Shopifyでオンラインショップを開設した際、デメリットと言われている集客に対して、どのような施策を行えば良いのか、右往左往する企業も少なくありません。

ここからは、Shopifyの集客方法としておすすめしたい「効果的な集客」をご紹介していきます。

リスティング広告

リスティング広告とは、GoogleやYahoo!などの「検索エンジン」から検索されるキーワードを、検索結果の最上部に表示させる広告です。

SEO対策では、検索結果の上位表示には時間を要しますが、リスティング広告の場合は、広告を出稿したタイミングから上部に表示されるため、即効性があります。

しかしながら、キーワードのクリック単価が高かったりすると、ある程度の広告費が必要になるため、予算がないと広告出稿が厳しくなります。

バナー広告

バナー広告とは、Webサイトや各種アプリの広告枠に、動画や画像が表示される「動画広告」や「テキスト広告」になります。

バナー広告は、リスティング広告と同様に、検索結果へ表示されますが、Webサイトやアプリの仕様によっては、最上部に表示されないこともあります。

しかしながら、リスティング広告とは異なり、テキストだけではなく、動画や画像を表示できるため、視覚的訴求力が上がります。

リマーケティング広告

リマーケティング広告とは、一度サイトにアクセスしたことのあるユーザーに対して、再度アプローチをするために、広告を表示することです。

一度アクセスしたことがあるユーザーは、興味を持つ可能性が高いため、再アプローチへの反応を期待することができます。また、過去に購入履歴のある商品を、広告として表示することもできるため、訴求効果が高いと言われています。

SNS広告

SNS広告とは、各種SNSプラットフォームに、ユーザーの投稿に割り込む形で表示するため、嫌悪感を抱かれやすい「広告」に対しても、自然に見てもらうことができます。

また、すぐに購買意欲へ繋がらなくても、広告に興味を持ってもらえたら、フォロワーの増加にも繋がります。

Shopifyは、InstagramやFaceBook・TwitterなどのSNSと連携することができるため、集客を行う方法として、SNSを活用する企業も少なくありません。

しかしながら、集客へ結びつけるためには、フォロワー数が多かったり、集客力のあるアカウントである必要があるため、ハッシュタグなどのテクニックが必要になります。

SEO対策

SEO対策とは、GoogleやYahoo!などの「検索エンジン」を理解することによって、商品キーワードなど、狙ったワードの検索結果に、SEO記事を上位表示できます。

Shopifyは、ECモールではないことから、集客を行うことが難しいため、SEO対策された記事から流入を促すことができます。

Shopifyでは、簡単にブログ記事を作成できるため、SEOを意識したブログを更新して、集客を上げることが可能です。

しかしながら、SEO対策は、検索ワードを緻密に調べたり、顧客ニーズや動向を探る分析が必要になってくるため、専門的な知識が必要になります。

また、一時的な集客やCVの向上だけではなく、訪問者に対して「有益な情報」を提供することができるので、価値のあるブログとして、関係性を構築することができます。

Shopifyのみでは、集客を行うことが難しいため、相性のいいSEO対策は重要となります。

まとめ

本記事では、コロナ禍により、社会全体のDX化が加速したため、Shopifyでオンラインショップを開設している企業への「集客方法」について解説してきました。

オンラインショップにおいて大切なことは、オンラインだからこそ集めることができるデータを、緻密に分析し、戦略に変えることです。

当社では、Shopifyを利用している企業様の集客応援サービスとして、自然流入を増やすことができる「集客トータルサポート」サービスの実証実験を行っています。

パッケージ化されたサポートサービスは、集客力に応じて業務の効率化や収益の向上を実現し、顧客体験を可能にした「体感型バーチャルショップ」を運用できます。
参考記事:VRの活用事例から参考にしたい新時代の顧客体験とは? メリットやデメリットについてもご紹介!

随時、トライアルやオンライン商談を行っているため、導入をご検討されている際には、是非、デモンストレーションをお試しください。

ご不明点やご相談については、オンライン商談にて受け付けておりますので、下記よりご予約ください。
オンライン予約はこちら

【「Welcomist VR」操作⇩】


【「Welcomist VR」使用イメージ動画⇩】

Welcomist VRは、接触や移動を不要とする「制限のない」VR空間上で、顧客接点(タッチポイント)を持つことができる「バーチャル店舗」を運用しています。

バーチャル店舗では、ECサイトで体感することができない「顧客体験価値」を創出し、購買意欲の向上と、サイトの直帰率を下げることが可能です。

また、多言語AIチャットボットが、商品の紹介や疑問などにリアルタイムで回答したり、タイミングの良い問いかけが見込み顧客の心を動かし、アンケート機能や会員連携によって詳しいリード情報を取得できます。