豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
お役立ちラボ
2022年4月14日

【目指せ売上アップ!】Shopifyのカートカスタマイズのメリットとは?


新型コロナウイルス感染症の影響もあり、昨今では、外出は控えて自宅で過ごすという生活スタイルが定着しつつあります。また、自宅で過ごす時間の増加により、ネットで買い物をする人の割合も増え、ECサイトを新たに開設する小売業も増加しています。

そんな中、「Shopify(ショッピファイ)」を使っての出店が目立って来ています。Shopifyは、APIを外部開放しているため、拡張アプリが多数あり、カスタマイズ性が非常に高く、クオリティの高いサイト作りができるのが特徴です。

ここからは、売上アップに繋がるShopifyでのカートカスタマイズについて解説していきます。


Shopifyのカートにはどんなカスタマイズができるのか?

Shopifyは、誰にでも気軽にECサイトの制作ができ、シンプルで高機能な点が特徴です。

その為、様々なカスタマイズができます。ECサイトの顔となる「テーマ」は、無料のものから有料のものまで、約1,000種類以上あります。

コード編集をすることで、更にオリジナリティのあるサイト制作もできますが、そこまで知識がないという方は、Shopifyの知識に精通した「Shopify Expert」を利用することで、開発や制作を委託することもできます。

その他にも、サイトの目的に合わせたアプリを取り揃えた「Shopifyアプリストア」を利用して、自由にカスタマイズすることも可能です。

アプリの種類は約5,000種類以上あり、ユーザーが商品検索をしやすいようサポートするものや、商品をしっかりと確認できるよう画像のズーム機能をつけたり、関連商品の表示をするものなど、どのようなECサイトを作りたいかによって、機能を取捨選択することができ、オリジナリティのあるECサイトを作ることができます。

また、越境ECへ挑戦したい場合には、サイト訪問者の所在地に合わせて自動で通貨を変換してくれるアプリもあり、大きなビジネスチャンスを掴むこともできます。

商品を販売するだけでなく、SEOやマーケティングなどもできたり、外部のモール型ECサイトと連携させる機能で、販路を増やすこともできます。

Shopifyで掲載している商品をInstagramなどのSNSに同時掲載することもできるので、多数の人の目に触れる機会を作り、新たな顧客獲得にも繋げられます。

Shopifyのカートカスタマイズのメリット

ECサイトの運営では、顧客からの意見や要望を知る事と、分かりやすく親切な問い合わせ対応が必要となりますが、実店舗での接客とは違い、顧客との対面でのコミュニケーションが無い為、様々な問題が発生する場合もあります。

そのような場合、Shopifyのメリットである、カスタマイズ性の高さを利用して、顧客に寄り添った対応のできる機能を導入することで解決できます。

例えば、チャット機能を導入することで、24時間365日、顧客からの意見や要望を聞くことができ、不明点などがあれば自動応対での回答ができるので、対面接客と変わりのない細やかな顧客対応ができ、ECサイトでも効果的な接客が実現できます。

また、文字だけでの対応ではなく画像や動画も併せてつけられると、より親切で分かりやすい対応ができます。

「ECサイトでの買い物だと、知りたい事・聞きたい事に対しての回答がすぐに返ってこない」というモヤモヤを無くし、好きな時に納得のいく買い物ができる事は、顧客の満足度も上がり、売上アップやリピーターの確保に繋がるのではないでしょうか。

Shopifyのカートカスタマイズのデメリット

多数の拡張機能アプリで、カスタマイズが楽しめるのがメリットでもありますが、無料のものだけではなく有料のものも多くあります。

Shopify自体の利用料金とは別に費用が発生するので、便利だからと言って多く使用してしまうと一定の費用が発生します。カスタマイズをする際には、本当に必要な機能なのか考えた上で追加する必要があります。

Shopifyカートカスタマイズのおすすめアプリ

ここからは、Shopifyカートカスタマイズのおすすめアプリを3つご紹介します。

【集客UP】Google チャネル

画像出典:Shopify app store

Google channel(旧:Google Shopping)は、Shopify純正のアプリで、Google Merchant CenterとShopify内の商品データを同期することができます。

Googleショッピング広告で、ユーザーの検索したキーワードとの関連性の高い商品情報を検索結果に表示してくれます。このアプリを使うことで、簡単にGoogleショッピング広告の配信をすることができ、認知度を高めることができます。

日本向けの広告作成のみとなっているので、海外向けのものは作れないので、そこは注意が必要です。

【購入率UP】GET SALE Bulk Discount Manager

画像出典:Shopify app store

ECサイト内でのセールを管理し、対象の商品・割引率を設定するだけで、自動でセールの開始と終了をしてくれます。

スペシャルオファーや割引クーポンの機能もあるので、「今だけ!」をアピールすることで、顧客の購買意欲を高め、購入率をアップさせます。

【顧客満足度UP】チャネルトーク

画像出典:Shopify app store

チャット接客・カスタマーサポートツールで、エンドユーザーのみならず、現場の担当者も使いやすい設計となっており、チャットボット機能も開発不要で設定することができます。

顧客管理と分析もできるので、品質向上・CVR/リピート率の向上が期待できます。

Shopifyのカートカスタマイズ事例

ここからは、Shopifyのカートカスタマイズの事例3つをご紹介します。

Ametsuchi

画像出典:Ametsuchi

アパレル商品を販売するAmetsuchiでは、国内だけでなく、海外からの集客も意識をしています。

Shopifyの良さである越境ECを上手に活用し、多言語対応にし、使用できる通貨も欧米圏・アジア圏に対応する他、ニュースレター機能も充実しており、カスタマイズ性の高さを活かしたサイトになっています。

ELMERS GREEN

画像出典:ELMERS GREEN

大阪に実店舗のあるElmers Green Cafeは、世界各地のコーヒーが楽しめる人気のお店です。

ECサイトでは、コーヒー豆・コーヒに関するアイテム・フードを販売しており、お客様が求めている商品を探しやすいように、最新順・価格順・ベストセラー順など、並び替えができるソート機能の追加や、画像付きの商品レビュー機能も追加しており、購買意欲を高める見せ方をしています。

また、商品を売るだけでなく、コーヒーの歴史・種類・選び方やコラムも掲載しているので、情報サイトとしても機能しています。

COHINA

画像出典:COHINA

150cm前後の小柄な女性向けのアパレル商品を販売しているCOHINAでは、ボタン1つで商品ページからwishリストが作成できる機能を実装しています。

このリストを作成することにより、リマインダーメールの送信や割引コードの送信で、顧客の再訪問を誘導し、マーケティング施策にもなっています。

Instagramとの連携機能を使い、サイト内でフィード投稿表示をしているので、ECサイトのコンテンツが常に最新の状態で保たれています。

まとめ

Shopifyは、ECサイト作成サービスでは世界シェアNo.1を誇っており、機能の拡張も日々進化しています。

これから出店を考えている方・出店したけれど売上に悩んでいるという方は、まずはサイトに搭載したい機能をピックアップし、顧客目線を大事にしつつ、デザインやカスタマイズを考えてみてはいかがでしょうか。

他サイトとの差別化・販売促進・ブランディングなど、しっかりと構造をねる事で、「売り」につながるECサイトになるのではないでしょうか。

関連記事:【事例紹介】購買意欲を向上させるShopifyでのサイトの作り方3つのポイント

当社では、上記のようなECサイトでの課題を解決すべく、Shopifyで利用ができる新たなサービスの提供を開始しました。現在、オリジナリティの溢れたハンドメイドソープを取り扱うMARIANA OCEANにて導入中です。

▼Welcomist VRサンプル動画▼

VR空間で多言語AIチャットボットがタイミングの良い接客をおこなう「Welcomist VR」をShopifyに連携することで、VRの訴求効果を最大限に活用し、集客から販売までを一貫して行うことができます。

また、ユーザーに「新しい顧客体験」を提供することで、顧客満足度や売上アップが期待できます。
Shopifyでのカートカスタマイズにお悩みの方、検討材料の一つにしてみてください。