豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
お役立ちラボ
2022年6月6日

ITが苦手でもOK!D2C戦略のポイントと成功させる方法をご紹介


SNSの普及やECサイト構築の簡略化に伴い、企業(メーカー)から消費者に商品を直接販売する、D2Cが盛り上がりを見せています。

2025年には、市場規模3兆円に到達すると予測されており、今後のビジネスチャンスに期待が集まる市場です。
関連記事:規模3兆円!D2C市場が拡大し続ける理由とこれからの展望

この記事では、そんなD2Cに欠かせない戦略の基本ポイントと、成功させる方法をご紹介します。

ITに苦手意識のある方でも取り入れられる方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

New call-to-action

D2C戦略が必要な理由

D2Cに戦略が欠かせない理由は、一般的なB2C(消費者相手のビジネス)とは違い、消費者の「共感」や「体験価値」に着目したマーケティングが大切となるからです。

D2Cでは、企業独自の世界観を演出し、そこにどれくらい多くの「共感」を得られるかが重要です。

したがって、単に広告等を打ち出すだけでは「共感」を得られず、商品の魅力を伝えることはできません。これがD2C戦略が欠かせない理由です。

D2C戦略の3つの基本ポイント

D2C戦略を立案するにあたり、3つの基本ポイントを押さえる必要があります。

ここでは、その基本ポイントを1つずつ解説します。

ファンを惹き込む世界観

D2Cブランドを立ち上げる際は、魅力的な世界観を作り出す努力が欠かせません。

株式会社ネオマーケティングが行なった調査によれば、「あなたが、企業・ブランドのファンになった要因を答えてください」という質問において、「ブランドの世界観」と回答した人は32%となり、全体の2位という結果でした。

画像出典:20歳~69歳の男女1000人に聞いた「ファンづくりに関する調査」|ネオマーケティング

D2Cは、良くも悪くも「消費者との距離が近いビジネス」となっているため、世界観が受け入れられなければ、消費者から注目されません。

魅力的かつ、共感できるような世界観を持っているか否かが、D2Cの成否を分けます。

たとえば、当社が運営するMARIANA OCEAN(マリアナオーシャン)では、VR(仮想現実)を搭載し、3Dビーチショップでの新しい購買体験を提供しています。


画像出典:MARIANA OCEAN 3Dビーチshop

マリアナ諸島の美しいビーチに降り立ったような没入感を楽しんでいただきながら、ショッピングができ、MARIANA OCEANの世界観を全面に押し出しています。

D2Cならではのベネフィット

ベネフィットとは、「商品から得られる良い体験価値」のことです。

D2Cならではのベネフィットを提供することも、欠かせない基本ポイントの1つです。

D2Cブランドは、中間業者を介さず販売できる分、商品利益の幅を持たせることができます。そこで大切なのが、「消費者に利益を還元する」ということです。

たとえば、D2CフィットネスブランドのFITBOXは、プロフェッショナルも使えるタブレット付きの高性能スピンバイク(室内用バイク)を59,800円(税抜)で提供しています。

これは、D2Cとして得られる利益を低価格商品として消費者に還元した事例です。

FITBOXの商品を手に入れることで、「こんなに高性能なスピンバイクを破格の値段で所有できた」という、高いベネフィットを提供できます。

また、低価格商品として消費者に還元するだけでなく、商品の付加価値(特別な価値)を増やしてベネフィットを高める方法もあります。

デジタルを駆使した拡散力

デジタルをうまく活用し、拡散力のあるマーケティングを実施できるかどうかは、D2Cの成否に大きく関わります。

2011年7月に設立されたD2CブランドのDollarShaveClub(ダラー・シェイブ・クラブ)は、YouTube動画を活用して、たった2日間で12,000人もの顧客を獲得しました。※DollarShaveClubとは、男性用カミソリをサブスクリプションで提供するD2Cブランドです。

カミソリ市場は、ご存じの方も多いように、Gillette(ジレット)とShick(シック)という2大ブランドがほとんどのシェアを占める、寡占市場でした。

DollarShaveClubは、その寡占市場に殴り込みをかけるように、挑発的なYouTube動画を投稿したことで一気に話題を集め、短期間で想像以上の顧客を獲得しました。

商品としては、2大ブランドが打ち出していた高性能カミソリの逆を行き、シンプルを極めた質の良いカミソリを安く提供するというスタイルで、ベネフィットを生み出しています。

D2C戦略を成功させる5つの方法

D2C戦略の基本ポイントを押さえたところで、ここではD2C戦略を成功させるための5つの方法をご紹介します。

ITに苦手意識のある方でも取り組める方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

SNSインフルエンサーを起用する

D2Cブランドにとって、SNSを活用したマーケティングは、今や必須です。しかし、ITに苦手意識のある方からすれば、ハードルの高い施策です。

そこで、SNSインフルエンサーの起用を検討してみてはいかがでしょうか。

D2Cブランドの世界観とマッチし、なおかつ一定数のファンを獲得しているインフルエンサーを起用すれば、短期的なマーケティング効果が期待できます。

SNSマーケティングのイロハを知っているインフルエンサーと協業すれば、知識やノウハウを吸収することもできます。

YouTube動画制作を依頼する

DollarShaveClubのようなYouTube動画を制作したいのならば、映像制作会社に依頼することを検討しましょう。

動画マーケティングは、現在大きな盛り上がりを見せており、様々なタイプの映像制作会社が存在します。

ユニークなYouTube動画作りが得意な映像制作会社に依頼すれば、短期間での顧客大量獲得も夢ではありません。

AR・VRパートナーと協業する

D2Cブランドの世界観を演出するために、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)の活用も検討してみてください。

AR・VRを取り入れれば、2Dでしか表現できなかったECサイトに3Dを取り入れて、MARIANA OCEANのような、没入感の高い世界観を演出できます。

当社では、Shopify(ショッピファイ)と連携ができるVRソリューション「Welcomist VR」を提供しております。気になる方は、ぜひご相談ください。

職人気質を全面的に押し出す

日本のD2C市場では、「値段は高くても質の良いもの」が売れる傾向にあります。

たとえば、無二(むに)という革財布ブランドは、シンプルな長財布が190,000万円前後と高価格でありながら、高い人気を集めています。


画像出典:無二

その理由は、最高級革のコードバン(馬の臀部繊維の革)の中でも質の良いものを使い、たった1人の職人が仕入れから製造までを行なっているからです。

時間を惜しまず、1点ずつ丁寧に作り込まれた革財布に魅力を感じる消費者が多く、熱狂的なファンも少なくありません。

クラウドファンディングを検討する

クラウドファンディングとは、一般消費者から資金調達を行うサービスです。

クラウドファンディングを利用することで、これから立ち上げるD2Cブランドの世界観が、ターゲットにしっかりと刺さるものかどうかを見極めながら、なおかつ資金調達もできるというメリットがあります。

目標資金に到達すれば、仮説を立てたD2Cブランドの世界観が正しかったことを検証でき、目標資金に到達しなかった場合でも、少ないリスクで改善点を見つけ出すことができます。

まとめ

本記事では、D2Cに欠かせない戦略の基本ポイントと、成功させる方法をご紹介しました。

D2C戦略を成功させるには、基本ポイントを押さえながら、様々な事例を参考に、D2Cブランドにマッチしたマーケティング施策を検討することが大切です。

本記事の内容を参考に、D2C戦略を立案してみてはいかがでしょうか。

当社では、D2Cビジネスをサポートする「Welcomist VR」というサービスを提供しています。

Shopifyとの連携ができ、ECサイト上に訴求力の高いオリジナルVR空間を表示させ、顧客の趣向に沿った接客を行います。

▼「Welcomist VR」使用!ニトリバーチャルショールーム▼

▼「Welcomist VR」サービス紹介動画▼

ブランドストーリーのアピールができ、コンテンツとしての楽しさに加え、MAツールとしての機能も搭載しているので、新しい顧客体験の提供として効果的です。

また、集客支援もおこなっており、ご興味ある方を対象に「現状分析&競合分析」資料を無償でお作りしています。

▼「現状分析&競合分析」資料サンプル▼

お問い合わせフォームにて、必要事項をご入力+お問い合わせ内容の「SEO集客支援サービスについて」にチェックを入れて送信ください。改めて担当者よりご連絡させていただきます。

当社スタッフがしっかりとサポートしますので、お気軽にご相談ください。

New call-to-action

 資料ダウンロード