豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
お役立ちラボ
2022年9月20日

Web接客はVR空間で効果的?満足度の高いツールをご紹介!


VR(バーチャル・リアリティー)技術は、テクノロジーの進化によって普及したため、店舗やオンラインショップの運営に悩んでいる企業が注目しています。

特に、オンライン接客は、若い世代や新しい顧客を獲得するためにも、重要視されており、満足度の高いツールを探している企業は少なくありません。

ここからは、VR空間で満足度の高い「Web接客ツール」について、詳しくご紹介していきます。

New call-to-action

VR空間での接客とは?

Web接客とは、実店舗で行っている対面(リアル)接客ではなく、スマートフォンやパソコンなど、手持ちのデバイスを通して、非接触で接客することです。

特に、社会全体が、新型コロナウイルス感染症の拡大によって、非接触を望むようになったため、急速にテクノロジーが進化しました。

そこで、接客を重要視してきた企業は、接触や外出を控えたいお客様に対して、24時間365日対応が可能なツールを活用し、積極的にコミュニケーションを取っています。

さらに、満足度を向上させるには、オンラインショップをVR化することで、360°自由自在に店内を見て歩けるので、体験価値を重要視している消費者との相性も良く、買い物を楽しむことができます。

【 VRSHOPii】

・無料でバーチャルストアを構築
・チャットで24時間365日接客
・買い物体験の価値を向上
・店内を自由にカスタマイズ
アプリのダウンロードはこちら

VR空間で接客する際のメリット

VR空間での接客は、非接触で行うことができますが、対面以上の利便性を享受できるのか、導入に不安を抱く企業も少なくありません。

ここからは、接客ツールを導入することで得られる「メリット」について、詳しくご紹介していきます。

カゴ落ち率を下げる

カゴ落ちする理由は、三者三様ではありますが、その中でも多いのは「お悩み(迷い)」をその場で解決できないことです。

実店舗では、商品を熟知しているスタッフから接客を受けることで、お悩みをその場で解決できますが、オンラインショップでは「別途問い合わせ」となるため、カゴ落ちする原因が発生します。

そこで、接客業務は、バーチャルショップに連動した「チャット機能」を活用することで、不安を軽減するための「一対一の接客One to Oneマーケティング)」を可能にします。

Web接客は、実店舗のようなコミュニケーションを図れるため、カゴ落ち率を下げながら、購買率を上げることができます。

当社では、以下のような競合他社と自社サイトの分析・比較データを無償で提供しています。


ご興味をお持ちいただけましたら「お問い合わせ」より【SEO集客支援サービスについて】にチェックいただきお申し込みください。

担当者より、サービスに関する詳しいご説明をさせていただきます。

New call-to-action

顧客満足度を高める

ユーザー(消費者)は、テクノロジーの進化によって、オンラインでのコミュニケーションが増えたため、Web接客に対しても対面時のような「満足感」を得やすくなりました。

特に、バーチャルショップに連動したチャット機能は、エンターテイメント性溢れる接客を可能にし、臨場感溢れる買い物体験によって、購買意欲に繋げることができます。

顧客満足度の向上は、商品やブランドに対して、ファンを獲得するきっかけになったり、リピート率を高めることも可能です。

Web接客の満足度は、場所や時間を問わないOMO​​(Online Merges with Offline「オンラインとオフラインの融合」)マーケティングを促進し、幅広い消費者ニーズに応えることができます。


関連記事:【事例15選】VRショッピングは機会損失を減らす?バーチャル店舗をご紹介!

コストの削減

Web接客は、チャット機能を活用した「非接触」になるため、機械的に行うこともできるので、スタッフの稼働を抑えることができます。

特に、実店舗の場合は、立地やテナントの広さ・時期などによって、スタッフの稼働人数が異なりますが、バーチャルショップは、AIなどを導入できるので、効率的に人件費を削減することが可能です。

戦略的なコスト削減は、経営資源を有効活用することができるため、新規事業開拓への資金調達を計画的に行えます。

New call-to-action

VR空間で接客する際のデメリット

非接触となるWeb接客は、時間や場所を問わないため、利便性に優れていますが、顧客の満足度が低下するのではないかと、導入に尻込みする企業も少なくありません。

ここからは、VR空間に接客ツールを導入する際の「デメリット」について、詳しくご紹介していきます。

感情を読み取りにくい

Web接客は、表情を見ることができないので、些細な感情の変化を読み取りにくくなったり、見過ごしてしまうことがあります。

しかし、オンラインでは、顧客行動を可視化することができるため、実店舗への来店時には見えなかった「動向を読み取る」ことが可能になります。

さらに、Web接客の醍醐味は、対面で聞きづらいことに対しても、質問しやすい環境を提供することができます。

商品情報の質

バーチャルショップでは、直接触れることができないため、商品情報を正確に伝えることができず、肌で感じる質に関しては、VR技術が進化しても、リアルには追いつけないと言われています。

しかしながら、数字で伝えられる情報に関しては、Matterportを活用することで、空間の測定を誤差1%未満の精度で伝えることができます。

更に、Web接客ツールであるチャット機能は、円滑なコミュニケーションを可能にし、お悩みに寄り添うことができます。

初期費用の発生

Web接客ツールの導入には、初期費用や開発費の有無が、選定する上で重要なポイントになります。

特に、接客ツールは、機能の内容によって異なるため、料金プランと合わせて見定める必要があります。

【 VRSHOPii】

・無料でバーチャルストアを構築
・チャットで24時間365日接客
・買い物体験の価値を向上
・店内を自由にカスタマイズ
アプリのダウンロードはこちら

VR空間での接客力を向上させるサービス

満足度の高い接客を行うためには、技術力と共に、飽きさせないエンターテイメント性が重要です。

ここからは、VR空間での接客力を向上させるサービスについて、ご紹介していきます。

AIチャットボット

非接触で接客を行う際は、AIチャットボット(人工知能)を活用することで、円滑なコミュニケーションを可能にします。

AIチャットボットは、24時間365日接客対応が可能なので、コストの削減だけではなく、見込み顧客に対する「機会損失を減らす」ことができます。

また、チャットツールは、受け答えだけではなく、お客様情報に合わせて、適切なタイミングで情報を発信したり、LINE連携なども促せます。

さらに、チャットには、アンケートを行える機能もあるため、購買率を高めるために必要な、顧客ニーズの取得に役立ちます。

アバターの設置

アバターの設置は、エンターテイメント性のある接客を可能にし、CGなどを活用することにより、顧客の体験価値を向上させます。

特に、バーチャルショップは、オンラインショップとは異なり、アバターが動くため、リアリティ溢れるショッピング体験を実現します。

Matterportカメラ

Matterportカメラは、距離の計測と空間を認識するために必要なレンズが、横並び縦3段に備わっているので、3D撮影を可能にし、現実空間を忠実に再現することができます。

特に、Matterportカメラは、超高画質と呼ばれている4K3Dに対応していることから、細部まで鮮明に映し出すことができます。

3D空間の視点としては、フロアビュー(平面図)・ドールハウスビュー(立体図)・ウォークスルー(空間移動)があるため、臨場感溢れるバーチャルショッピングを可能にします。

また、赤外線による3Dスキャンは、誤差1%未満で空間内を計測することができるため、精度の高い情報を提供できます

立体的な視点や計測機能は、家具や家電などの寸法をほぼ正確に測れるので、商品情報が伝わりやすく、購買意欲を高められます。
関連記事:Matterport(マターポート)によるVR空間でコミュニケーションを実現!

まとめ

VR空間でのWeb接客は、場所や時間にとらわれないことから、店舗とユーザー(消費者)の双方に利便性が高まります。

バーチャルショップは、オンラインショップとは異なり、価格勝負だけではなく、接客力で購買に繋げることができます。

さらに、バーチャルショップは、お客様とのコミュニケーションを大事にしつつ、行動履歴などを可視化できるため、購買率を効果的に上げられます。

当社は、バーチャルショップを無料で構築できるアプリ「VRSHOPii」を開発したため、中小企業や個人事業主様なども簡単に、Shopifyサイトへストアをオープンできるようになります。

「VRSHOPii」は、Matterportにチャットボットを組み込んでいることから、ウォークスルー閲覧しながら、VR空間上でOne to Oneのリアルタイム接客が可能になります。

アプリに関するご不明点・ご相談ごとについては、オンラインから受け付けておりますので、下記よりミーティングをご予約ください。
オンライン予約はこちら

【当社サービスをご提供中〝ニトリバーチャルショールーム〟】


【「VRSHOPii」アプリのサービス動画】


お問い合わせはこちら
アプリのダウンロードはこちら

VRSHOPiiは、バーチャルストア内に、オブジェクト(画像)や動画を設置し、商品を視覚的に訴求できる「ビジュアルマーケティング」を行いながら、顧客接点(タッチポイント)を持つことができます。

バーチャルストアでは、ECサイトで体感することができない「顧客体験価値」を創出し、購買意欲の向上と、サイトの直帰率を下げることが可能です。

また、バーチャルストアとShopifyのカートを連携することで、ストアを離脱することなく、商品を購入することができるため、カゴ落ちを抑えることができます。

New call-to-action

 資料ダウンロード