豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
多言語翻訳ラボ
2022年1月11日

VRの活用事例から参考にしたい新時代の顧客体験とは? メリットやデメリットについてもご紹介!


2016年は「VR元年」と称され、VR技術で開発された商品は、消費者が手にしやすい価格帯で数多く販売され、一気に注目を浴びました。

特に、新型コロナウイルス感染症が拡大する少し前までは、圧倒的な没入感を得られる「ゲーム業界」を中心に注目されていました。

しかし、緊急事態宣言の発出や外出自粛により、人々は実体験が難しくなり「密」を避けながらも、リアル体験に近いサービスを提供できる「VR」に各企業は注目しています。

ここからは、VRの活用事例から参考にしたい「新時代の顧客体験」について、ご紹介していきます。

VRを活用した顧客体験の成功事例をご紹介

近未来感のある「VR」は、私生活との結びつきをイメージしにくいため、少し遠い存在のように思われがちです。

しかしながら、昨今の社会情勢に伴い、人工知能(AI)が身近な存在となったため、仮想現実(VR)も利便性が高いと、積極的に導入を検討する企業が増えてきました。

ここからは「VR技術」を活用した顧客体験の成功事例について、業種別に詳しくご紹介していきます。

アパレル業界

VRは物理的な移動を伴わないことから、顧客は感染状況などに左右されることなく、店舗にいるような感覚で、店内を回遊しながら商品を選ぶことができます。

また、VRは立地や面積によって賃料が変動しないため、コストの悩みを軽減することができます。さらに、VR空間では、在庫を店舗で抱える必要がないため、店舗スペースを最大化することができます。

そのうえ、24時間365日顧客対応ができるので、店舗の営業時間によって失っていた「見込み顧客(リード)」の機会損失を防ぐことが可能です。
VR空間でショッピングが自由にできると機会損失を減らせる? バーチャルショップの導入事例をご紹介!

教育業界

オープンキャンパスをVRで行うことにより、遠方の学生が参加しやすくなったり、学校のPR活動を最大化することが可能です。

特に、バーチャルキャンパスツアーは、物理的な移動が不要になるため、遠方の学生も参加しやすくなったり、効率的にキャンパスを見ることができます。

学生側の利便性のみならず、学校側もキャンパスを見学している学生の行動を「取得」「分析」することができるので、相互理解を深めることができます。

バーチャルキャンパスツアーは、キャンパスの魅力を最大化しながら、幅広い学生に対するアプローチを実現します。
VRを活用したオープンキャンパスが急増中? 令和のバーチャルキャンパスツアーに迫る!

旅行業界

社会情勢に左右されることなく、体の不自由な方や施設に入所している高齢者の方なども、旅行体験をすることが可能になります。

さらに、外出が困難な状況でも、VRを活用することにより、擬似的に旅行気分を味わうことができるため、訴求対象を広げることができます。

また、娯楽としての楽しみ方だけではなく、特別な旅行など、失敗することができない旅に対して「下見」としても活用することができます。

パンフレットやホームページに掲載されている情報には、視覚的な限界があるため、イメージとの不一致を避けるための利用としても、幅広い活用が可能です。
VR技術を活用して観光気分を味わえる事例を徹底解説!

住宅業界

住宅業界にVRを導入することによって、遠方にいる内覧希望者も手持ちのデバイスから、気軽に展示場を見ることが可能になります。

また、非接触での内覧になるため、社会情勢に左右されない「安心・安全なご案内」を行うことができます。

VR内覧は、現地に赴く必要がないので、関心度があまり高くない潜在顧客に対しても、アプローチしやすくなるため、集客率の向上を目指せます。

さらに、集客率の向上によって、顧客ニーズを取得しやすくなるので、エンゲージメントを高めることも可能になります。
VR展示場はハウスメーカーに革命を起こす?住宅の内覧について解説!

不動産業界

物件をVRで見れるようになると、退去が決まっている「居住中」のお部屋に対しても、内見することが可能になります。

貸主側は、空室期間を避けるためにも、次の契約者様が見つかることは喜ばしいですが、内見を行わずに契約をしてしまうと、後のトラブルも発生しやすくなります。

そこで、VRを活用した内見を行えると、ミスマッチを防ぎ、契約後のトラブルを回避することが可能になります。

例えば、長期出張などでマンスリーマンションを契約する際、入居前に現地内見が困難な場合でも、VR内見により顧客満足度の高い契約を実現できます。
VR内見を導入することで物件を案内しやすくなる?話題のVR内見について解説!

活用事例からみたVRの特徴とは

VRは「(バーチャル・リアリティ)」の略で、現実には存在せず、仮想空間の中で存在しているため、日本語で「仮想現実」とも言われています。

特に、実体験に近い感覚を得ることができるので、自由自在に臨場感溢れる操作をすることができます。

また、物理的な制約から解放されるため、ストレスを感じにくく、安全上の都合により断念していた「視覚的体験」を可能にします。

没入感が高いだけではなく、ビジネス面での利便性も高いことから、VRは新たな顧客体験を提供できる「サービス」として注目を浴びています。

活用例からみたVRのメリット

業種によりVRの活用方法は異なりますが、リーチできる顧客の幅が広がることで、潜在顧客を数多く集めることが可能になります。

ここからは、業種別の活用例からみた「VRのメリット」について、詳しくご紹介していきます。

擬似体験が可能

VRは、視覚情報が広くなったり、360度自由自在に動くことができるので、臨場感のある没入体験ができます。

さらに、五感を刺激した「実体験に近い経験」が実現できることによって、満足度の高い擬似体験も可能になります。VRには、大きく分けると「視聴タイプ」と「参加タイプ」の二種類が存在します。

「視聴タイプ」は、映像を見るだけになってしまいますが「参加タイプ」は、自分で空間をコントロールする必要があるため、実世界ではない仮想現実で過ごすことができます。

物理的な制約がない

VRは、仮想現実であり、実世界に存在しないため、物理的な距離や時間に制約されることなく、空間を無限に活用することができます。

例えば、実世界で店舗を保有する場合、場所や広さによって賃料などが異なるため、予算の範囲内で決めることになり、希望を最大化することが難しいです。

しかしながら、仮想現実の世界では、場所や広さによって価格が変動しないため、VRの導入コストをクリアできれば、コストパフォーマンスを最大化することが可能です。

利用の幅が広い

VRは、もともとゲーム業界を中心に、娯楽として注目を集めていたので、導入実績が一部の業界に偏っていました。

しかし、自宅にいながら、外の世界を擬似体験できることから、新型コロナウイルス感染症拡大を機に、導入を検討する企業が増えました。

VRを導入することによって、見込み顧客や潜在顧客は、外出を抑えながらも、リアルに近い感覚で店内を回遊しながら、商品を見定めることができるようになります。

また、自由の幅が広くてイメージしやすいため、PRとの相性も良く、購買行動を促進することが可能です。

活用例から感じるVRのデメリット

ここまでは「VRのメリット」について、ご紹介してきましたが、仮想空間には実世界とは異なるデメリットも存在します。ここからは、VRを導入する際に知っておきたい「VRのデメリット」について、ご紹介していきます。

初期費用の発生

VRを導入するにあたって、一番の懸念材料になるのが「初期費用」の発生です。

先進的コンテンツは、導入コストが高いように思われがちですが、VRを導入することで、人件費や賃料を削減できたり、PRコンテンツとしても二次利用することができます。

また、今までリーチできていない潜在顧客や、見込み顧客に対する機会損失も防ぐことが可能になります。VRの利便性を活かして、幅広く活用することにより、長期的に考えると「トータルコストの削減」を実現できます。

データの通信量が大きい

VRはデータ通信量が大きいため、インターネットの回線速度が遅くなる可能性があります。

しかし、光回線などの回線速度が速いネット回線を活用したり、2020年3月に開通された「5G回線」を活用することで、通信へのストレスを軽減して、快適に使うことが可能です。

対面コミュニケーションができない

仮想現実の中で意思疎通はできますが、直接対面によるコミュニケーションではないため、双方の感情が伝わりにくく、寂寥感を覚えることもあります。

また、実物を見せることができないので、情報量が少ないと意思決定に際して、不安が生まれてしまい、検討段階で終了してしまいます。

そこで、VR空間内にチャットボットを埋め込んだり、ZOOMと連携することにより、質疑応答などのコミュニケーションを可能にします。

仮想現実の中で、リアルに繋がることができるため、現実世界との結びつきを感じ、孤独感を軽減することができます。

まとめ

「ObotAI VR」は、Matterportにチャットボットを組み込んでいることから、疑問点が生じた際は、その場で解決することができます。

また、Matterportのみならず、既存のVRコンテンツに対しても、一部を除き対応できるため、柔軟に活用の幅を広げることが可能です。

随時、トライアルやオンライン商談を行っているため、導入をご検討されている際には、是非、デモンストレーションをお試しください。

ご不明点やご相談などの商談については、オンラインにて受け付けておりますので、下記よりご予約ください。
オンライン予約はこちら

【「ObotAI VR」サンプル動画の再生⇩】 ※Matterportを使用した実際のデモを操作してみたい方は「お問い合わせ」より〝ObotAI VRのデモ操作を希望〟とご記載ください。
お問い合わせはこちら


ObotAI VRは、接触や移動を不要とする「制限のない」VR空間上で知りたいことを「24時間365日多言語で」回答してくれるAIチャットボットです。

360°の世界で生まれた「知りたいこと」に対して、次世代ボットが多言語で専属サポートします。アンケートや会員連携をわかりやすく画像表示し、タイミングの良い問いかけが、見込み顧客の心を自然に動かします。

ObotAI VR
ObotAI