お役立ちラボ

2023年8月31日

ChatGPT連携(搭載)サービスとは?メリット・デメリットやおすすめサービス10選もご紹介!


ChatGPT連携(搭載)サービスとは?メリット・デメリットやおすすめサービス10選もご紹介!

日々のビジネス活動において、AIの活用はますます重要性を増しています。

特に、ChatGPTと連携したサービスを導入することで、AIの生成能力を自社のビジネスにシームレスに統合することが可能となり、多様な業務の効率化と生産性向上が実現します。

本記事では、「ChatGPT連携」とは何か、そのメリット・デメリット、そしておすすめのChatGPT連携(搭載)サービスを10選など、ビジネスにおけるタスクの自動化や生産性の向上に役立つ情報をご紹介します。

New call-to-action

ChatGPT連携サービスとは

ChatGPT連携サービスとは

ChatGPT連携サービスとは、OpenAI社が開発した自然言語処理モデル「ChatGPT」と他のアプリケーションやサービスを統合したものです。

ChatGPTは、人間のような自然な文章を生成し、質問に回答したり、会話を行ったりするAIモデルです。

その高い表現力と柔軟性から、多様な領域で活用されています。ChatGPTのAPIを利用すると、他のプラットフォームやツールと簡単に連携できます。

▼▼30秒でわかる!ChatGPT搭載の業務効率化ツール紹介(TikTok)▼▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

例えば、自社のチャットボットにChatGPTを組み込むことで、ユーザーとの対話をより自然でスムーズにし、顧客サポートやFAQ対応の効率を向上させることが可能です。

また、ChatGPTを使った記事の自動生成や、質問応答システムの構築など、多様な応用が考えられます。

近年、ChatGPT連携サービスを活用することで、他のプラットフォームやツールとの連携をより手軽に実現でき、ビジネスプロセスの効率化や顧客満足度の向上、新たなサービスの提供など、多様なメリットを享受できます。

このように、ChatGPT連携サービスは、革新的なAI技術をビジネスやサービスに取り込む手段として、その重要性を増しています。

自然なコミュニケーションと効率的な情報処理を実現したい企業や個人にとって、ChatGPT連携サービスは未来を切り拓く強力な味方となります。

ChatGPT連携サービスの種類

ChatGPT連携サービスの種類

近年、ChatGPT連携サービスを提供する企業も増え、さまざまな種類があります。

ここでは、仕事に役立つサービスの種類について4つご紹介します。

ChatGPTの社内利用環境を整えるサービス

企業でChatGPTを使用する場合、情報漏洩やセキュリティ侵害のリスクの対策が必要となります。

例えば、個人アカウントの作成不要でChatGPTを利用できる自社専用環境の構築ができるものや、会話データをOpenAI社のモデル学習に反映させない、個人情報の入力を検知した際にはAPI側に情報を渡さないなどの設計がされているかがポイントとなります。

これらの対策がされているサービスを利用することで、情報漏洩のリスクを低減し、快適で安全な利用を可能にさせます。

▼▼30秒でわかる!ChatGPT搭載の業務効率化ツール紹介(TikTok)▼▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

自動応答・質疑応答などWeb接客に特化したサービス

ChatGPTは、一連のメッセージを理解し、適切な回答を生成します。

そのため、ChatGPTを組み込んだAIチャットボットは、広範囲な知識を活用してより自然な対話が可能となります。

また、企業独自の質問や回答に対応する機能を備えたサービスも存在します。

これにより、ユーザーからの質問に対してより適切な回答が表示されやすくなり、利用満足度の向上にも寄与します。

文章作成に特化したサービス

ChatGPTは高い文章作成能力を持ち、その特性を活かした多くのサービスが存在します。

例として、打ち合わせや会議の内容を自動で要約する機能や、プレスリリース、メールマガジンなどの自社コンテンツの文章作成をサポートする機能があります。

日常業務で頻繁に文章作成を行う場合、これらのツールを利用することで作業より効率的に進めることが可能です。

New call-to-action

ChatGPT連携サービスのメリット

ChatGPT連携サービスのメリット

ChatGPTとの連携サービスには多くのメリットが存在します。

これらのメリットを最大限に活用することで、ビジネスプロセスの効率化、顧客満足度の向上、新サービスの提供など、さまざまな成果を達成することが期待できます。

自然な会話体験の実現

ChatGPT連携サービスの魅力の一つは、ユーザーとの然な会話体験を実現する点です。

高度な自然言語処理技術により、ユーザーの入力に対して違和感なく適切な応答を生成します。

これにより、ユーザーは機械的な対話ではなく、まるで実際に人と対話しているような感覚を得ることができます。

また、適切なトーンや表現での応答が行われるため、ユーザーとのコミュニケーションが円滑に進行し、満足度の高い体験が提供されます。

時間とコストの節約

ChatGPT連携サービスは、業務プロセスにおける時間とコストを大幅に節約する手段として注目されています。

AIによる自動化された応答や情報提供が可能となり、これにより、顧客対応や問い合わせ対応、情報収集などの作業が効率化され、従業員はより戦略的な業務に集中できます。

多様な応用領域

ChatGPTは高い汎用性を持ち、顧客対応やFAQ応答の自動化、レポートの生成、クリエイティブなコンテンツ制作など、業務のさまざまな側面で活用が期待されます。

自然言語処理の高度な能力を持つChatGPTが、幅広いニーズに柔軟に対応し、業務プロセスの効率化と成果の最大化を支援します。

カスタマイズの可能性

ChatGPTは既に学習済みのモデルを基盤としていますが、カスタムデータを追加して学習させることで、特定の業界や企業に適応するための応答を生成することができます。

これにより、顧客とのコミュニケーションがより一貫性のあるものになり、ブランドイメージの強化が期待できます。

24時間365日のサポート体制の構築

ChatGPTの連携により、年中無休で24時間体制のサポートを提供できます。

AIが自動的に応答や情報提供を24時間365日行うことで、迅速な対応が保証され、人手によるヒューマンエラーの減少が実現できます。

これにより、顧客からの疑問や問い合わせにリアルタイムで迅速に対応することが可能となります。

ユーザーエンゲージメントの向上

ChatGPT連携サービスは、ユーザーとのエンゲージメントを劇的に向上させる効果があります。

AIによる適切な情報提供や迅速な対応が、ユーザーの満足度を高め、信頼関係を築きます。ユーザーエンゲージメントの向上は、顧客ロイヤルティの向上にも繋がります。

New call-to-action

ChatGPT連携サービスのデメリット

ChatGPT連携サービスのデメリット

ChatGPT連携サービスにもデメリットが存在します。

これらのデメリットは、適切な対策や運用計画により軽減可能な場合もあります。導入前には、デメリットとメリットをしっかりと比較検討することが重要です。

誤った応答の可能性

ChatGPTは学習データに基づいて応答を生成しますが、これにより時折、不正確な情報や誤解を招く回答を提供する可能性があります。

特に専門知識が必要な分野では、その正確性が重要となります。

誤った情報が提供されると、信頼性が低下し、顧客の不満を引き起こす可能性もあります。

そのため、ChatGPTの導入時には、適切なフィルタリングと監視体制の確立が重要となります。

人間によるチェックや適切なトレーニングデータの準備により、誤った応答を最小限に抑える対策が必要です。

セキュリティリスク

外部サービスとの連携は、データのやり取りを伴い、情報漏洩や悪意ある攻撃のリスクが存在します。

不適切なアクセスや不正利用によるデータ漏洩、ユーザーが無意識に機密情報を共有する可能性があります。

これらのリスクに対処するため、適切なセキュリティ対策が必要です。データの暗号化、アクセス制御の強化、定期的なセキュリティ監査などが考えられます。

さらに、外部サービスと連携する際は、そのサービスのセキュリティポリシーやプライバシー規約を十分に確認し、信頼性の高いサービスを選択することが重要です。

【注目】ChatGPTと連携したチャットボットの汎用性

【注目】ChatGPTと連携したチャットボットの汎用性

ChatGPTと連携したチャットボットは、多様なシーンでの活躍が期待されており、ビジネスの効率化や顧客満足度の向上に寄与する可能性や、その高い汎用性が注目されています。

ChatGPTと連携したチャットボットは、以下の特徴により優れた汎用性を持っています。

多様な業務に適用可能

ChatGPTを活用したチャットボットは、カスタムデータの学習を通じて、多様な業務への適用が可能です。

カスタムデータの導入により、特定の業界やサービスに特化した回答を提供することができます。

さらに、その柔軟な応答生成能力により、ユーザーの質問に対してより自然で適切な回答を提供します。

マルチチャネルに対応

ChatGPTを活用したチャットボットは、多くのチャットプラットフォームやウェブサイトに統合可能で、これにより顧客対応の範囲を拡大することができます。

また、多様なチャネルで一貫した応答を提供できることも、その汎用性の一つと言えます。

多言語サポート

ChatGPTは多言語に対応しており、国際的な顧客対応にも適しています。

異なる言語圏のユーザーとも円滑にコミュニケーションが取れるため、グローバル展開にも寄与します。

拡張性とカスタマイズ性

ChatGPT連携したチャットボットは、その拡張性とカスタマイズ性において優れています。

既存の業務システムやウェブサービスに統合し、顧客対応や情報提供など幅広い用途に適用できます。

これにより、企業固有の要件に適したチャットボットを展開し、効果的なコミュニケーションを実現することができます。

New call-to-action

ChatGPT連携(搭載)サービスおすすめ10選

ChatGPT連携(搭載)サービスおすすめ10選

ここでは、ChatGPT連携(搭載)サービスおすすめ11選をご紹介します。

どれも仕事に役立つサービスとなっているので、気になるものがあれば、ぜひ検討してみてください。

ObotSERVE Biz


画像出典:ObotSERVE Biz(株式会社ObotAI)

ObotSERVE Biz(オーボットサーブ ビズ)は、ChatGPTを組み込んだ業務効率化ツールです。

OpenAIアカウントの取得が不要で、法人単位で利用ができ、企業におけるChatGPTの利用に関するセキュリティ上の懸念を解消し、安心・安全な環境でChatGPTの利用ができます。

また、一般的な会話だけでなく、ビジネス文章の作成や要約、資料作成、FAQ作成など、企業における社員の業務効率向上に寄与する機能を多数搭載しており、企業の人手不足の解消や、社内業務の効率化をサポートできるツールとなっています。

▼▼TikTokにて30秒でわかるサービス紹介動画配信中!▼▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

ログミーツ powered by GPT-3/4


画像出典:ログミーツ powered by GPT-3/4(株式会社 時空テクノロジーズ)

ログミーツ powered by GPT-3/4は、対面やWeb会議に対応したAI議事録・メモ作成支援機能が搭載されています。

また、誰でも簡単に操作ができるAI要約・分析・翻訳などを行える、ChatGPT機能を搭載しており、議事録作成時間の半分〜8割程の削減を実現できるツールです。

OfficeBot powered by ChatGPT API.


画像出典:OfficeBot powered by ChatGPT API.(ネオス株式会社)

OfficeBot powered by ChatGPT API.は、従来のチャットボットの利便性とChatGPTの利便性を併せ持つ生成AI利用チャットボットです。

社内DXや問い合わせ対応効率化、ナレッジマネジメントの効率化に特化したものとなります。

Kasanare


画像出典:Kasanare(カサナレ株式会社)

Kasanareは、ChatGPTなどの生成AIの大規模言語モデルLLM(Large Language Models)により開発されたAIチャットボットです。

ニーズに合わせて自由にカスタマイズ調整ができ、顧客とのタッチポイントの創出や、リード獲得からカスタマーサクセスまで売上のトップラインの向上を支援するチャットボットです。

YOMEL


画像出典:YOMEL(アーニーMLG株式会社)

YOMELは、AIによる音声認識技術を利用して、ワンクリックで会議や商談などの音声を自動的にテキスト化してくれるAI議事録自動作成ツールです。

その他にも、自動要約や議事録ビルダーなど議事録専用機能が充実しています。

New call-to-action

Qlipper


画像出典:Qlipper(株式会社トドオナダ)

Qlipperは、国内の4,000以上のWEBメディアをモニタリングできるPR効果測定サービスです。

ChatGPTでプレスリリースを作成する「プレスリリース作成機能」や、効果的な配信日時の分析や、スケジュール管理など、プレスリリースの作成・配信業務を効率化できます。

ferret One


画像出典:ferret One(株式会社ベーシック)

ferretOneは、戦略設計、サイト構築、マーケティング運用の効率化など、BtoBマーケティングのお困りごとを解決できるサービスです。

ChatGPTを搭載し、知識やスキルが求められるマーケティング活動の検討から施策実行までのプロセスを、AIが代行する「コンテンツ支援機能」が備わっており、マーケティング活動を効率化することができます。

hitobo


画像出典:hitobo(アディッシュ株式会社)

hitoboは、仕事のナレッジを体系化し、社内業務を効率化するチャットボットです。

ChatGPT連携により「質問パターン作成補助機能」が追加されており、入力した質問パターンをもとに、新たな質問パターンの候補を自動で作成することができます。

レビュー・口コミ・Q&AエンジンZETA VOICE


画像出典:レビュー・口コミ・Q&AエンジンZETA(ZETA株式会社)

レビュー・口コミ・Q&AエンジンZETA VOICEは、サイトに自社が提供する商品やサービスに対するレビューコンテンツを実装することができるエンジンです。

ChatGPTをはじめとするAIを活用して、投稿された口コミなどの表現が適切か自動で判断する「コンテンツチェック機能」が搭載されています。

LegalForce


画像出典:LegalForce(株式会社LeagalOn Technologies)

LegalForceは、テクノロジーを活用して法務業務を効率化するサービスです。

AIが契約書を自動で読み込みをして、条文の抜け漏れや、リスクポイントを抽出したり、修正文例や指摘内容に応じて解説を表示してくれる機能があります。

また、ChatGPT連携により、契約書の修正をサポートする「条文修正アシスト」機能が提供開始されており、契約審査業務の効率化を支援しています。

まとめ

ChatGPTを他のシステムやサービスと連携させることで、多岐にわたる業務やチャットボットの対応に利用することが可能です。

さらに、ChatGPTと連携したサービスを利用することで、業務の効率化や顧客満足度の向上に貢献し、自然な会話体験を通じてユーザーエクスペリエンスを高めます

当社でも、ChatGPTと連携したサービスを提供しています。

ChatGPTを組み込んだ業務効率化ツール「ObotSERVE Biz」は、企業におけるChatGPTの利用に関するセキュリティ上の懸念を解消し、安心で安全な環境でChatGPTの利用ができます。

また、一般的な会話だけでなく、ビジネス文章の作成や要約、資料作成、FAQ作成など、企業の人手不足の解消や、社内業務の効率化をサポートできるツールとなっています。

▼▼「ObotSERVE Biz」サービス紹介動画▼▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

随時、オンラインにてご相談やサービスのご案内をしていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。
New call-to-action

資料ダウンロード