豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
お役立ちラボ
2022/12/22

【11選】インドネシア語を日本語に翻訳!インドネシア人の採用時に役立つおすすめツールもご紹介


インドネシア語は、比較的簡単とも言われていますが、マイナー言語であるため、通訳者が日本にあまり存在せず、翻訳ツールを活用したコミュニケーションが主流になっています。

基本的に、インドネシア語の語順(文法)は、英語と同じく主語(S)+述語動詞(V)+目的語(O)になっています。

一方で、インドネシア語の特徴としては、英語とは異なり「be動詞」である「be / is / am / are / was / were / been」が存在しません。

一見すると、インドネシア語は、英語と似ているので馴染みやすく感じますが、一部発音が難しかったり、複数形や時制のルールが異なるため、理解しにくい部分もあります。

ここでは、観光地やホテル・外国人労働者を雇用する際に、コミュニケーションツールとしておすすめの「翻訳チャット」や「音声自動翻訳機」について、詳しくご紹介していきます。

New call-to-action

インドネシア語のメッセージを日本語に翻訳できるツール

英語などの人気言語には、通訳ツールが数多く存在していますが、マイナー言語である「インドネシア語」の場合、翻訳対応しているサービスは限られています。

ここからは、インドネシア人を雇用する際や、ホテルなどのWeb接客で活躍できる「翻訳チャット」をご紹介していきます。

インバウンドチャット

画像出典:スムーズな会話を強力サポート「インバウンドチャット」【株式会社 ObotAI】

インバウンドチャットは、言語の異なるメッセージを母国語に変換して、意思疎通を簡単に行うことができる機能です。

例えば、インドネシア語でメッセージが送信されても、管理画面で理解できる言語に翻訳された状態で、チャットの内容を確認できます。

メッセージを返信する際には、日本語を用いていても、相手の言語に自動翻訳可能なので、ストレスフリーなコミュニケーションの実現が可能です。

また、インバウンドチャットは、LINEでも利用することができるので、アプリをインストールする手間もありません。

紹介動画

お問い合わせ先
mail:info@obot-ai.com
tel:0367219387
サービスに関するお問い合わせ・資料請求【株式会社 ObotAI】
資料請求
インドネシア人とのコミュニケーションを円滑にするDXツール

LINE WORKS

画像出典:LINE WORKS

LINE WORKSは、トークルームから通訳設定を行うだけで、送受信されるメッセージを即時翻訳することが可能です。

また、通訳設定は、自分のトーク内のみに適用していたり、ノートや掲示板にも対応しているので、言葉が通じないストレスを解消できます。

LINE翻訳アプリ

画像出典:Ligo/LINE翻訳アプリ ↔ 100以上の言語

LINE翻訳アプリは、自分の友だちに追加することで、翻訳したいトークルームや、グループチャットに招待できます。

また、使用方法としては、トーク画面に「LANGUAGE SETUP」 が表示されるので、そこから言語設定を行っていくと、通訳を開始することが可能です。

direct bot RENTAL

画像出典:翻訳ボット/direct bot RENTAL

direct bot RENTALは、ビジネスチャットである「direct(ダイレクト)」のチャットボットレンタルサービスになります。

活用方法は、メッセージの翻訳だけではなく、現場の業務効率化を促進させる「DX化ソリューション」として、写真や図面ファイルの共有・緊急時の連絡手段に役立ちます。

New call-to-action

WowTalk

画像出典:WowTalk

WowTalkは、月々1ID300円の「シンプルプラン」と、500円の「スタンダードプラン」や、800円の「プロフェッショナルプラン」が存在します。

一見、ビジネスチャットの中では、格安のように感じますが、最低利用数IDが30人になっているので、場合によっては割高になるため注意が必要です。

Chat Translator

画像出典:「Chat Translator(チャットトランスレーター)」/株式会社ヘッドウォータース

Chat Translatorは、Chatworkをはじめとしたクライアントに、チャットボットを埋め込むことで、翻訳を可能にします。

現在は、主要となっている「日本語」「英語」「中国語」「韓国語のみの対応ですが、最大でインドネシア語を含む「45言語」に拡張することができます。

Dicon

画像出典:Dicon

Diconは、不動産の管理業務に特化したサービスで、入居者からの問い合わせや、連絡事項などを翻訳できるチャットツールです。

対応言語は、インドネシア語を含む16言語になっており、管理者や入居者が操作しやすいように、直感的な操作画面になっています。

インドネシア語と日本語の音声を自動翻訳できるツール

ここまでは、インドネシア語のメッセージを日本語に翻訳可能なツールについて、ご紹介してきました。

ここからは、インドネシア語の音声を自動翻訳できるツールについて、詳しくご紹介していきます。

Minutz

画像出典:自動翻訳機能「Minutz」 【株式会社 ObotAI】

Minutzは、AIが音声を認識することで、会話内容を自動でリアルタイム翻訳できるサービスです。

会話内容を翻訳したテキストは、ライブ編集しながら再翻訳もできたり、議事録として各種フォーマットに出力することが可能になっています。

また、Minutzは、アプリをインストールする必要もなく、特定のアプリケーションに依存していないので、マイクから音声を得られれば、全てのオンライン会議に対応できます。

さらに、Minutzの機能には、スピーチコンテキストと呼ばれる「単語登録」があるので、インドネシア語のように、略語が多い言語の翻訳精度を向上させることが可能です。

機能紹介

お問い合わせ先
mail:info@obot-ai.com
tel:0367219387
サービスに関するお問い合わせ・資料請求【株式会社 ObotAI】
資料請求
自動翻訳機能「Minutz」サービス資料
トライアル申し込み
Minutzトライアル申込み 【株式会社 ObotAI】

オンヤク

画像出典:業務圧縮の決め手は「精度」/音声翻訳ツール「オンヤク」

オンヤクは、分野選択機能を活用することで、専門的な会話に対しても、翻訳精度を向上することができます。

一方で、全体的な翻訳精度については、分野選択を活用した場合でも、完璧を求めるレベルには達しないため、自社とマッチしているのか、契約前に確認することをお勧めします。

多言語音声APIサービス for Zoom翻訳

画像出典:多言語音声APIサービス for Zoom翻訳:クラウド:NEC Cloud Solutions

多言語音声APIサービス for Zoom翻訳は、固有名詞登録をすることができるので、自社内の専門用語も正確に通訳できます。

しかし、固有名詞登録は、オプションサービスになっており、個別の見積もりが必要になるので、稟議書を提出する際に注意が必要です。

New call-to-action

AI GIJIROKU

画像出典:AI GIJIROKU

AI GIJIROKUは、分野(日本史や世界史など)を細かく切り分けることで、音声認識機能を強化していたり、オフライン利用も可能になっています。

そのため、音声認識は、比較的安定しているので、議事録を作成する際にも修正点が少なく、業務の効率化を促進できます。

みらい翻訳

画像出典:みらい翻訳

みらい翻訳は、国際規格ISO27001と27017を取得しており、言語処理のプロである「NIC」と「NTT」が共創したサービスです。

また、音声翻訳時には、カスタマイズ機能を活用して、社内公用語などをメモリ登録することで、適切な音声処理を目指します。

notta.

画像出典:Notta

Notta.は、リアルタイム翻訳したテキストの内容を、文字起こしの途中でメモをしたり、タグ付けをすることが可能です。

また、Nottaでは、料金プランに個人版とチーム版が存在しており、120分無料で文字起こしをすることもできます。

インドネシア語の翻訳サービスが注目される理由

ここまでは、インドネシア語のメッセージや音声を自動翻訳できるツールについて、詳しくご紹介してきました。ここからは、インドネシア語の翻訳が注目される理由について、わかりやすく解説していきます。

インドネシア人の労働者が増加

インドネシア人の労働者数は、厚生労働省が発表している「外国人雇用状況」の届出状況表一覧(令和3年10月末)によると、国別ランキングでは第7位、前年増加率では第5位です。

インドネシアの人口は、世界第4位であり、30歳未満の人口が全体の約50%となっているため、働き手が多いのが特徴的です。

しかしながら、インドネシアでは、最低賃金の向上を訴えるデモが発生するなど、平均月収の低さが問題視されています。

そのため、インドネシアの貧しい若者は、多額の借金を背負いながらも、給料が高く、人手不足に悩んでいる日本へ来日を希望します。

特定技能制度が注目されている

特定技能制度は、2019年4月から受け入れ可能になった制度で、日本で最大5年就労することができます。

これまで、日本の受け入れ体制は、専門職や技能職に限定した在留資格であったことから、外国人労働者の就労が難しい状況でした。

しかしながら、新たに設けられた「特定技能制度」は、限られた業種でありながらも、在留期間であれば、技能実習とは異なり転職ができます。

また、企業は、外国人労働者を直接雇用できたり、フルタイム勤務が可能になるので、日本人と同様の勤務形態で従事させられます。

さらに、特定技能制度の場合は、監理団体を入れる必要がないので、約3万円の監理料を支払う必要がないので、労働者の賃金を上げられたり、職場環境の構築に充てることができます。

日本に通訳者が少ない

インドネシアは、世界で4番目に人口が多く、人口の約半数が若者であるため、東南アジアの中でも勢いがあり、経済成長している国として有名です。

しかし、インドネシアは、経済格差が多い国でもあり、自立した生活を送るのが苦しい若者もたくさんいます。

そこで、インドネシアの若者は、特定技能制度を活用して、1ヶ月に何倍も稼げる日本に来日しますが、言葉の壁が発生してしまいます。

基本的に、特定技能1号を取得するには、日本語能力試験(JLPT)「N4レベル」以上が求められます。

しかしながら、N4レベルは、意思疎通がスムーズに進まず、ストレスを感じてしまうこともあるため、翻訳機能や通訳者が必要になってきます。

もともと、インドネシア語は、比較的簡単な言語ではありますが、マイナー言語と言われており、日本に通訳者が多く存在していません。

そのため、インドネシア語の翻訳機能の需要は、増加傾向にあり、職場でのコミュニケーションツールとして導入されています。

New call-to-action

インドネシア語を翻訳する際に知っておきたい特徴

ここまでは、インドネシア語の翻訳サービスが注目される「理由」について、詳しくご紹介してきました。

ここからは、インドネシア語を翻訳する際に、知っておきたい「特徴」について、解説していきます。

アルファベットはローマ字読み

インドネシア語は、アルファベットと同じ26文字の表記で、基本的にはローマ字読みでも通用します。

しかし、一部のローマ字に関しては、例外的な発音になるため、舌が短い日本人にとっては、発音が難しい場合も存在します。

例えば、アルファベットの「R」は、一般的に「アール」と発音しますが、インドネシア語の場合は、下を巻いて「エル」と発音します。

時制変化がない

インドネシア語の特徴は、時制変化がないため、動詞が「現在・過去・未来」によって変わることがありません。

そのかわり、時期(いつなのか)を伝えるためには、名詞の「昨日(kemarin)・今日(hari)・明日(besok)」などを加える必要があります。

複数形は名詞を繰り返す

インドネシア語には、英語のような複数形のルール(s/es)がないため、複数であることを表す場合には、名詞を繰り返して表現します。

例えば、インドネシア語で「人々」と伝える際には、orangを2回繰り返して「orang-orang」となります。

接頭辞や接尾辞で意味が変化

インドネシア語は、単語が非常に少ない言語であるため、接頭辞や接尾辞で意味が変化していきます。

例えば、接頭辞には「Me(他動詞)」や「Di(受動態)」・「Pe〜(~する人)」があったり、接尾辞の「〜an」には、単語を名詞化・形容詞化させる役割を担っています。

単語を略すことが多い

インドネシア語は、接尾辞や接頭辞によって単語の意味が変化したり、複数を表す場合には、名詞を繰り返して表現するため、一単語が長くなりやすいのが特徴です。

そのため、インドネシア語のチャットなどでは、頭文字をとって略したり、名詞を繰り返す場合には「2」を用いて表現します。

New call-to-action

インドネシア語から日本語への翻訳が役立つ業種

インドネシア人は、厚生労働省が公開している「外国人雇用状況」によると、国別の労働者数の中で第7位にランクインしており、年々増加傾向にあります。

そこで、ここからは、インドネシア語の翻訳が役立つ「人気業種」について、詳しくご紹介していきます。

農業分野

日本は、世界第5位の農業大国でありますが、後継者がいなかったり、新しく始めようとする若者がいないため、高齢化に伴って深刻な状況が続いています。

そこで、農業分野では、補助金や助成金を活用しながら、外国人労働者を雇用することで、若手の人材を集めることができます。

また、農業分野は、2019年4月に導入された在留資格である「特定技能」に含まれており、人手が深刻化している業種(分野)として、外国人の就労が認められています。

製造分野

製造業は、なかなか利益が出にくい業種(分野)と言われており、正社員での登用を行わない企業も存在します。

そのため、若者からは、将来性がないと思われてしまったり、職場環境や仕事内容が理由で、若者離れが進んでいます。

そこで、人手不足にあえぐ企業は、若い外国人労働者を積極的に採用することで、有能な人材を確保することが可能です。

介護分野

厚生労働省は、外国人が介護現場で働く際に、4つの制度を設けており、人手不足が年々深刻化している介護業界に対して、2019年4月から「特定技能」の在留資格を加えました。

そのため、介護分野では、一定の技能(日本語力も踏まえ)をクリアしていれば、経験や知識がそこまでなくても、業務に従事することができるようになっています。

今の日本は、高齢者が増加する一方で、少子化は年々進んでおり、ヤングケアラーの問題も深刻です。

介護業界は、求人の募集をかけても、なかなか人が集まりにくいため、外国人労働者を積極的に採用することで、人手不足を解消し、ゆとりのあるサポートを行うことができます。

New call-to-action

飲食分野

飲食業界は、外国人スタッフを採用することで、日本人が対応できない在日外国人や、インバウンド対策にも効果的です。

また、外国人スタッフの雇用は、通訳と人手不足の両面からサポートしてもらえるので、お店独自のサービスを提供できます。

しかしながら、接客マナーなどは、国によって異なってくるので、日本の文化や風習などをレクチャーすることも大切です。

そのため、マナーなどの育成は、多言語に対応したツールを活用することで、業務の効率化を促進することができます。

漁業分野

漁業や水産業は、働き手がここ10年で半分以上減少しており、産業規模も年々減少してきています。

特に、地方では、少子化と過疎化が同時進行していたり、収入の低さが原因で、人材確保が困難な状況です。

そのため、地方創生には、外国人労働者がキーパーソンとなっており、多文化共生による「社会の活性化」が期待されています。

New call-to-action

まとめ

本記事では、マイナー言語である「インドネシア語」の翻訳サービスについて、ご紹介してきました。

インドネシア語の翻訳は、少子化と過疎化が進む日本において、インドネシア人を受け入れる際に、スムーズなコミュニケーションを目指して、導入する企業が増えています。

今後の日本は、さらに少子化が進むと言われているため、人手の確保や後継不足も問題はますます深刻化していきます。

そのため、日本では、インドネシアのような若い人材がいる国から、積極的に外国人労働者を雇用するためには、言葉の壁が生じてしまいます。

そこで、翻訳ツールとして活用できるチャットは、従業員の安心感に繋がり、業務効率化の促進も期待できます。

当社では、文字打ちした言葉が自動翻訳される「インバウンドチャット」や、お問い合わせ窓口で、24時間多言語対応できる「チャットボット(ObotAI)」・オンライン会議で議事録作成と共に、字幕のような通訳が表示される「自動翻訳ツール(Minutz)」を提供しています。

インバウンドチャットの紹介動画

また、オンライン商談は、随時行っていますので、以下よりお問い合わせください。

ご不明点・ご相談ごとについては、下記の「オンライン予約」よりご予約いただければ、当社スタッフからオンラインでサービスのご案内をさせていただきます。

【お問い合わせ】オンライン予約

New call-to-action

 資料ダウンロード