豊富な8言語に対応!
学習する多言語AIチャットボット
お役立ちラボ
2023/1/10

ミャンマー語翻訳におすすめのツールとは?ミャンマー人材受け入れ対策についても解説


近年、観光だけでなく留学先として日本を訪れる外国人も増え、人材不足が叫ばれている日本において、外国人採用を検討する企業も増加しています。

特に、最近注目を集めているのが「ミャンマー人」です。

相手の気持ちを汲み取り空気を読むことができたり、日本人との親和性の高さから採用する企業も増えています。

本記事では、外国人労働者としてミャンマー人材が注目されている理由や、ビジネスシーンで活用できる、おすすめのミャンマー語の翻訳ツールについてご紹介します。

New call-to-action

ミャンマー語翻訳におすすめのツール5選

ここでは、ミャンマー語のおすすめ翻訳ツール5選をご紹介します。それぞれ異なる特徴がありますので、参考にしてみてください。

インバウンドチャット


画像出典:インバウンドチャット(株式会社ObotAI)

インバウンドチャットは、多様な言語に対して即座に対応ができるツールです。

ユーザー(外国人)が自国の言葉でメッセージを送ると、管理画面にて日本語に翻訳した内容を確認することができます。

返信する場合には「日本語でメッセージを作成するだけ」で相手には自国の言葉で表示されるので、タイムラグのないコミュニケーションをとることができます。

インストール不要で、Web上に表示されたチャット画面やLINEでも利用ができるので、ミャンマー人就労者とのコミュニケーションを円滑にし、業務改善にも活用していただけます。

▼インバウンドチャット紹介動画▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

Minutz


画像出典:Minutz(株式会社ObotAI)

Minutzは、オンライン上で行われる会議の音声をリアルタイムで自動翻訳し、AIが自動で文字起こしをしてくれるサービスです。

100言語以上への翻訳が可能なので、ミャンマー語をはじめとする多言語に対応ができ、外国人スタッフとのミーティングなどをスムーズに行う事ができます。

また、会話内容をAIが自動で文字起こしをしてくれるので、多言語での議事録も簡単に作成ができます。

Minutzは、端末のマイクから音声入力を得るので、マイク入力を取得できる状況であれば利用ができます。

全てのオンライン会議に対応ができ、アプリのインストールが不要で、アカウント発行後すぐに使うことができるので、活用の幅が広がります。

▼Minutz紹介動画▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

WowTalk


画像出典:WowTalk(ワウテック株式会社)

WowTalkは、インターネット上にて、リアルタイムでメッセージのやりとりができる、コミュニケーションツールです。

社内SNS・ビジネスチャットとして、誰もが使いやすいシンプルな操作性が特徴で、チャット形式のトークや、共有掲示板、タスク管理機能など、日々の業務効率をアップする機能がそろっています。

ミャンマー語をはじめ、22ヵ国語への翻訳に対応しているので、外国人を多く採用している企業など、グローバルなビジネスでの場で活躍してくれるサービスとなっています。

VoiceBiz


画像出典:VoiceBiz(凸版印刷株式会社)

VoiceBizは、手持ちのスマホが専用の翻訳機になる「法人向け音声翻訳アプリ」です。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)の音声翻訳エンジンを採用しており、自然な翻訳を実現しています。

また、訪日外国人の受け入れや、在留外国人の対応でよく使われる、固有名詞や定型文も標準搭載しています。

Connectee


画像出典:Connectee(コネクティー株式会社)

Connecteeは、外国人スタッフとのミスコミュニケーションの解消と不法労働を防止するアプリです。

ミャンマー語を含む、10ヵ国以上の言語に対応したチャット機能で、1対1や特定のメンバーでのやり取りができ、日々のコミュニケーションや業務連絡などを効率的に行うことができます。

また、ビザチェッカー機能を使って、在留カードの真偽判定や在留期限の管理、外国人雇用状況の届出書の作成を行うことも可能です。

ミャンマー語翻訳に注目が集まる理由

日本では、少子高齢化に伴い様々な業界で人手不足が深刻化しており、その課題を解決すべく、外国人労働者を受け入れる企業が増えています。

ミャンマーでは、軍事クーデターが発生し、欧米各国からの経済制裁により、失業者の増大や通貨暴落、物価の急上昇などによる生活困窮者が急増し、家族を支えるために海外で働きたい若者が増えています。

その労働先として、先進国の中で在留資格がおりやすい日本での就労を希望する人が多く、ミャンマー人材の受入れをしている企業も増えています。

ここでは、ミャンマー語翻訳に注目が集まる理由についてご紹介します。

日本で働きたいミャンマーの若者が多い

農業大国であるミャンマーでは、偏差値の高い大学を卒業した優秀な人でも国内での就職先があまりなく、2020年より流行している新型コロナウイルスや、2021年に発生した軍事クーデターの影響で状況はさらに悪くなっています。

高い教育水準を持った若者が多いのですが、国内で仕事に就くチャンスが少なく、国民性の似ている日本で働きたいと希望する若者が多く、受け入れする日本企業が増えています。

ミャンマーで特定技能の技能試験が再開

特定技能とは、国内人材の確保が難しい産業分野において、その産業分野に属する相当程度の知識・技能を有する外国人向けの在留資格です。

ミャンマーでは、2019年に宿泊・ビルクリーニングの試験の実施以降、新型コロナウイルスやミャンマー国内での軍事クーデターの影響で、その他の試験が中止となっていました。

しかし、ミャンマー国内の情勢も少し安定し、2022年10月より特定技能試験が再開し、再び日本就労希望者が増加しています。

若年層が多く今後の成長が期待できる

2019年のデータを参考に、ミャンマーと日本の人口中央値を比べると以下の結果となります。

ミャンマーの総人口に対しての年齢の中央値は、日本と比べると15歳近く若く、若年層に人口が集中していることがわかります。

その若者の多くが、ミャンマー国内での就労に価値を見出せず、海外での就労、特に国民性が近く在留資格がおりやすい日本での就労を望む人が多く、今後の成長が見込まれています。

ミャンマー語の翻訳ツールを導入するメリット

ここでは、ミャンマー語の翻訳ツールを導入するメリットを3つご紹介します。

生産性の向上

翻訳ツールを導入することで、例えば採用段階において、入社前に社風やどんな環境なのかをしっかりと説明することができ、一緒に働く人の理解を深める準備ができます。

互いに伝えたい事、疑問に思っている事を消化することで、ミスマッチや早期戦力化を促進することができ、生産性の向上へつなげることができます。

New call-to-action

定着率が高くなる

ミャンマー人も含め、外国人労働者全てに言えることですが「言葉の壁」が一番の課題となっています。

どの業種であれ、正しく技術を習得するには専門用語を含め、正確に指示する必要があります。

翻訳ツールを活用することで、管理側も指示出しにかかる時間の短縮ができ、労働者側も理解しやすく、安心できる職場環境の実現にもつながります。

また、外国人労働者とのコミュニケーションがスムーズにとれている企業ほど、定着率が高い傾向が見られます。

新しいアイディアが生み出せる

ミャンマー人は、日本と国民性が似ていると言われますが、異なる文化や教育の中で生活をしてきたので、価値観や視点も異なります。

翻訳ツールを導入することで、スムーズなコミュニケーションがとれ、ミャンマー特有の知識や技術を得ることができたり、新しいアイディアを生み出せたりと、企業技術の発展にもつながることが期待できます。

【翻訳する際のポイント】ミャンマー語の特徴

ミャンマー語は、ビルマ語とも言われており、ミャンマー連邦共和国の公用語です。

ミャンマー語を話す人は、人口の70%を占めるビルマ族や、ミャンマー以外のバングラデシュやマレーシア、タイにも話者がいるため、5000万人以上いると言われています。

ここでは、ミャンマー語の特徴3つをご紹介します。

【特徴1】文字

ミャンマー語は、子音を表す基本字母の周りに母音記号と声調が組み合わさっています。

基本字母は子音を表し、33個ありますが、同じ発音をさす文字も複数あり、その他にも、基本字母に「y」「w」「無声化」などを示す記号がついた複合文字や、「N」「ʔ(声門閉鎖音)」で終わることを示す、末子音が複数あります。

また、またミャンマー語には書き言葉としてのみ使われる「文語体」と、話し言葉としてのみ使われる「口語体」も存在します。

文字は、全体的に丸みを帯びており、独特な形が特徴的です。

【特徴2】声調

ミャンマー語は、声の高さや出し方によって意味が区別される「声調言語」で、下降調、低平調、高平調の3つがあります。

下降調は高音から急激に下がり、低平調は低音か中音で平らに発音し、高平調は高音で平らに発音します。

【特徴3】文法

ミャンマー語の文法は、日本語の語順と似ており「主語+目的語+動詞」という形となっており、日本語と同様に助詞があります。

文字や発音は難しいですが、文法は日本語と共通点があり、理解しやすい部分と言えます。

まとめ

人材不足が課題となっている日本において、外国人労働者はなくてはならない存在となっており、ミャンマー人材にも注目が集まっています。

ミャンマー語の文法は日本語と似ていますが、文字は見慣れない独特な形で、声調によって意味が区別されるので、ミャンマー人材を雇用する際には、翻訳ツールの活用がおすすめです。

本記事でもご紹介したツールを活用しながら、コミュニケーションを密に図ることで、お互いの認識の違いを解消し、業務効率を上げることが期待できます。

当社でも、チャット形式でメッセージを自動翻訳してくれる「インバウンドチャット」や、オンライン上での会議をリアルタイム翻訳し、AIが自動で議事録作成をしてくれる「Minutz」を提供しています。

▼インバウンドチャット紹介動画▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

▼Minutz紹介動画▼

※画像をクリックすると動画が再生されます。

ミャンマー語をはじめ、多様な言語に対応しているので、外国人の雇用をしている企業の方は、ぜひご検討ください。

New call-to-action

 資料ダウンロード